コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

義演准后日記 ぎえんじゅごうにっき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

義演准后日記
ぎえんじゅごうにっき

醍醐寺三宝院義演の日記。 62冊。慶長1 (1596) 年から寛永3 (1626) 年までの記録。江戸時代初期の荒廃した醍醐寺伽藍の再建,修法の復興への座主としての努力,寺史の編纂などを詳細に記述しており,一方,豊臣秀吉,秀頼,徳川家康らとの交渉がうかがわれ,仏教史,政治史研究のうえで貴重な史料となっている。『史料纂集』所収

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

義演准后日記【ぎえんじゅごうにっき】

醍醐寺座主の三宝院義演の日記。1596年から1626年までの自筆原本62冊が伝わり(1614年と1615年の各一部を欠く),醍醐寺三宝院が所蔵する。国指定重要文化財。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぎえんじゅごうにっき【義演准后日記】

醍醐寺座主・三宝院義演の日記。文禄5年(1596)正月朔より寛永3年(1626)4月2日まで,自筆原本が伝わる。京都市伏見区醍醐寺三宝院所蔵。重要文化財。横綴の帖型冊子本。合計62冊。慶長18年8月~12月,同19年10月~12月の部分を欠く(ただし19年には別記がある)ほか完存。39歳から69歳の死の直前まで書き続けている。なお〈慶長元年大地震記〉〈慶長19年有馬湯治記〉などの別記があり,紙背文書には重要なものを含む。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ぎえんじゅごうにっき【義演准后日記】

醍醐寺座主義演の日記。六二冊。1596年から1626年までの記録で、秀吉・家康との関係など当時の社会情勢を伝える。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

義演准后日記
ぎえんじゅごうにっき

醍醐(だいご)寺80代の座主(ざす)で、准后(准三宮(じゅさんぐう))の称号を下賜された真言宗僧侶(そうりょ)義演の日記。1596年(慶長1)から、示寂(じじゃく)の1626年(寛永3)に至る間の日記で、62冊ある。内容は、醍醐寺内三宝院、光台院の復興や、後七日御修法(ごしちにちみしゅほう)などの修法の復興、『醍醐寺新要録』の編纂(へんさん)の過程など、醍醐寺山内の動静が逐一記されているが、さらに豊臣(とよとみ)秀吉や徳川家康との関係なども記録されている。自筆本が三宝院に所蔵されている。[石川力山]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の義演准后日記の言及

【義演】より

…義演はまた精力的に醍醐寺の聖教(聖人の教え)・文書等を研究,整理,書写し,筆まめにみずからの行動を記録した。《醍醐寺新要録》は義演の著したすぐれた寺誌であり《義演准后日記》《後七日御修法記》などはみずからの行動を記録したものである。【弥永 貞三】。…

※「義演准后日記」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

義演准后日記の関連キーワード徳川家光公家武家

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android