コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

義荘 ぎそうyi zhuang

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

義荘
ぎそう
yi zhuang

中国で 11世紀以後行われた同族の共有地をいい,同族結合の経済的基礎をなす仕組み。小作料で同族を扶養し,子弟を教育し,祖先の祭祀を行い,その他経済的な福利をはかった。北宋仁宗の皇祐2 (1050) 年,范仲淹が,同族のために寄付して,蘇州につくった范氏義荘がその最初といわれ,後世まで義荘の範となった。『初定規矩』によれば,貧富の差別なく,同族の5歳以上の男女に,一律に1人白米1升を支給し,とつぐ女には銭 30貫,妻をめとる者には 20貫を支給し,その他子弟の官に出る者,葬喪への支出などが規定されている。義荘は江南に多く,華北に少なかったという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぎそう【義荘 Yì zhuāng】

中国,北宋の1050年(皇祐2),范仲淹が郷里の蘇州で設置したことに始まり,人民中国の誕生まで各地に存在した同族救済のための施設。本来は義田に付設された屋舎を指すが,一般には田・屋総称して義荘という。義荘は一族の有力者の寄付,あるいは共同の出資によって設けられ,その収益は同族内の貧困者の扶養,冠婚葬祭,子弟の教育などに使用された。また多くの場合,設置者は義荘の管理・運営に関して規約(義荘規条)を作成し,子孫に遵守させた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

義荘
ぎそう

中国で一族共有の田土を設け、その租入で経済的扶助を行う方法。北宋(ほくそう)の仁宗(じんそう)(在位1022~63)時代の副宰相范仲淹(はんちゅうえん)が華南の郷里蘇州(そしゅう)に1000余畝(ほ)(1畝は約544平方メートル)を買って設けたのに始まるといわれる。その特色は、族人に親疎貧富の別なく平等に米を与えることにあった。范氏の義荘は明(みん)の一時を除けば発展する一方で、これに倣う官僚も各地に現われ、南宋の世には江蘇、浙江(せっこう)を中心に華南に多く生じ、華北東部にもみえ、明(みん)・清(しん)に及んだ。また南宋のころから孤老や貧乏な者に限る場合が多く、共同祭祀(さいし)や教育費などに及ぶこともあった。[青山定雄]
『清水盛光著『中国族産制度攷』(1949・岩波書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の義荘の言及

【義】より

…義はほかに公共性や慈善性を意味する場合がある。〈義倉〉(飢饉用の公共の米倉),〈義舎〉(旅人のための公共宿舎),〈義冢(ぎちよう)〉(無縁仏のための共同墓地),〈義荘〉(一族の貧者のための田地)などの語がそれをあらわす。また,〈義父(養父)〉,〈義児(養子)〉,〈義兄弟〉のような言葉もある。…

【族田】より

…中国,宋代以降あらわれた義荘・祭田等同族的土地所有。義荘は11世紀半ば,范仲淹(はんちゆうえん)の設立した〈范氏義荘〉にはじまる。…

※「義荘」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

義荘の関連キーワード横浜の外国人墓地と根岸外国人墓地宋の時代(年表)族田宗族

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android