コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自由学園 じゆうがくえん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自由学園
じゆうがくえん

1921年羽仁もと子が東京都豊島区雑司ヶ谷に設立した私立学校。大正期の新教育運動の流れのなかで設立され,キリスト教的自由主義による徹底的な生活教育を行い,現在に及んでいる。当初は女子の学校であったが,のち男子部をおいた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

自由学園【じゆうがくえん】

東京都下にある私立学校。1921年羽仁もと子と夫吉一が女子の中等学校として創立した。キリスト教的自由主義に立ち,〈思想しつつ,生活しつつ,祈りつつ〉を標語として,自治と労働を基調とする教育を追求。
→関連項目羽仁進ライト

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じゆうがくえん【自由学園】

1921年に羽仁もと子が夫の吉一とともに東京都豊島区雑司ガ谷に創設した学園。羽仁は1903年に《家庭之友》(のちに《婦人之友》と改題)を創刊,主宰していたが,日本の家庭生活の近代化は教育をとおしてこそ実現できると信じて学園をつくった。キリスト教精神にもとづき,〈思想しつつ生活しつつ祈りつつ〉を標語として自治と労働を基調とする教育を追求した。当初は女子中学校として26名の女生徒で出発し,カリキュラムは文部省令にはよらず五つの家族形態に分け,日常生活を小集団で自律的に管理させていく方針をとった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

じゆうがくえん【自由学園】

私立の総合学園。羽仁もと子・吉一よしかずによって、家庭生活の近代化を教育を通じて実践することをめざして、1921年(大正10)に創設。所在地は東京都東久留米市。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

自由学園
じゆうがくえん

私立。1921年(大正10)羽仁吉一(はによしいち)・もと子によって、小学校を終えた女子のために、当時の高等女学校令によらないで設置された、各種学校を起源とする。初等部(小学校)、中等科(中学校)、高等科(高等学校)からなり、1949年(昭和24)さらに高等教育にあたる最高学部が設置されたが、この学部は学校教育法に定められた大学によらず、2年課程と4年課程からなる。学部までを含めて最長で16年にわたる、生活を基盤とした人間教育の一貫性を主眼としている。学んだ知識を応用して問題を発見し、総合的な解決方法を実践的に学ぶことができるような教育を目ざしている。学生数は100名内外で、少人数教育を特色とする。所在地は東京都東久留米(ひがしくるめ)市学園町1-8-15。[喜多村和之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の自由学園の言及

【自由教育】より

…日本の場合,自由民権運動の過程で追求された自由教育は,教育への権力統制を排除しようとするものであった。また大正期には,たとえば山本鼎の自由画教育の提唱や土田杏村を指導者とする自由大学の運動があり,羽仁もと子の自由学園(1921),西村伊作の文化学院(1921),池袋児童の村小学校(1924)などが自由教育をスローガンにしたが,そこでは子どもの自発性や自己活動を尊重して教育改造をおしすすめることがめざされていた。また,第2次大戦後の〈新教育〉の理論や実践も,戦前の〈自由教育〉の系譜をひくものであった。…

※「自由学園」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

自由学園の関連キーワード東京都東久留米市学園町E.del リウス東京都豊島区西池袋東京都東久留米市東久留米(市)荻田 セキ子羽仁 もと子岸田今日子生源寺美子荻田セキ子林 リリ子篠崎 弘嗣鷲見 三郎坪井明日香加山 四郎内田 栄一沢崎 梅子村山 籌子鈴木 乃婦羽仁 吉一

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

自由学園の関連情報