コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

習慣性扁桃炎 しゅうかんせいへんとうえんHabitual Tonsillitis

家庭医学館の解説

しゅうかんせいへんとうえん【習慣性扁桃炎 Habitual Tonsillitis】

[どんな病気か]
 子どもは扁桃炎にかかりやすく、誰でも年に1、2回は扁桃が腫(は)れて幼稚園や学校を休みます。なかには年4回以上も扁桃炎にかかったり、症状が強く、一度かかると何日も熱が下がらなかったりする子どももいます。このような場合を、習慣性扁桃炎といいます。
 おとなでも、20~30歳代で習慣性扁桃炎にかかる人がいます。
[原因]
 まだ不明な点も多いのですが、最近は、扁桃常在菌叢(へんとうじょうざいきんそう)(病原菌の繁殖を抑えるようにはたらく細菌の集まり)の乱れや病原菌(溶連菌(ようれんきん)、黄色(おうしょく)ブドウ球菌(きゅうきん)、肺炎双球菌(はいえんそうきゅうきん)など)に対する免疫防御機能(めんえきぼうぎょきのう)の発達の遅れなどが原因の1つと考えられています。
[治療]
 手術をして扁桃を摘出すること(扁桃摘出術)がもっともよい治療法です。手術をすると9割以上の人が扁桃炎にかからなくなり、かかっても軽くてすみます。
 手術は1~2時間程度で、全身麻酔で行なうので痛みもなく、安全にできます。入院は、7~10日程度です。
 扁桃炎にかかる回数は一般に成長するにつれ減少しますが、いたずらに薬剤などで抑えていたり、罹患(りかん)回数が少なくても溶連菌抗体価(こうたいか)が高い場合には、リウマチ性の病気や腎炎(じんえん)が続発する可能性もあるので、一度、耳鼻咽喉科医(じびいんこうかい)に相談するとよいでしょう。
 かつては、扁桃は免疫臓器なので手術をするべきではない、扁桃を摘出すると全身の免疫能が落ちて病気にかかりやすくなるなどの意見が一部にありましたが、現在では、このような心配はまったくないとされています。

出典 小学館家庭医学館について 情報

世界大百科事典内の習慣性扁桃炎の言及

【アンギーナ】より

…かつて扁桃炎として呼びならわされたもの。現在では医学的に習慣性アンギーナhabitual angina,習慣性扁桃炎という場合以外には,耳鼻咽喉科領域ではあまり使われていない。習慣性アンギーナとは,年2,3回あるいは数回,急性化をくりかえす扁桃の炎症で,平常は慢性的な経過をとる。…

※「習慣性扁桃炎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

習慣性扁桃炎の関連キーワード習慣性扁桃炎(習慣性アンギーナ)アンギーナ慢性扁桃炎

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android