コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

老人と海 ろうじんとうみThe Old Man and the Sea

5件 の用語解説(老人と海の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

老人と海
ろうじんとうみ
The Old Man and the Sea

アメリカの小説家アーネスト・ヘミングウェー中編小説。 1952年刊。キューバの老漁夫サンチアゴは不漁続きで 85日目にようやく獲物と出会い,2日2晩にわたる死闘の末,巨大なまかじきを仕留めるが,帰港の途中さめに食い散らされ骨だけを持帰る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ろうじんとうみ〔ラウジンとうみ〕【老人と海】

《原題The Old Man and the Seaヘミングウェイの小説。1952年刊。大魚との死闘を繰り広げるキューバの老漁夫を通して、苛酷な自然に立ち向かう人間の孤独と尊厳を描く。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

老人と海

1958年製作のアメリカ映画。原題《The Old Man and the Sea》。アーネスト・ヘミングウェイの同名小説の映画化。監督:ジョンスタージェス、出演:スペンサー・トレーシーほか。第31回米国アカデミー賞劇・喜劇映画音楽賞受賞。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ろうじんとうみ【老人と海】

ヘミングウェーの小説。1952年刊。キューバの老漁師は長い不漁ののち巨大なマカジキを苦闘の末仕留めるが、帰港の途中獲物はサメに襲われ、骨だけを持ち帰る。誇り高い人間の栄光と悲劇を簡潔な文体で描く。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

老人と海
ろうじんとうみ
The Old Man and the Sea

アメリカの小説家ヘミングウェイの後期の代表的中編小説。1952年刊。キューバの老漁夫サンチャゴは、84日間の不漁のあと、ひとりメキシコ湾流に遠出し、ついに巨大なマカジキ釣り針にかける。姿を見せぬまま力強く船を引き続ける大魚に、老人は知識と体力の限りを尽くして対抗するうちに、敬意と友愛を抱きさえする。二昼夜にわたる苦闘のすえに銛(もり)を打ち込むが、それは大自然の美と力の化身と孤独な苦闘者との激しい合体の瞬間である。帰途、船べりに縛り付けた大魚をサメが次々に襲う。絶望的な闘いのなかで老人は「打ちのめされても敗れない」人間の尊厳をみせる。老人はキューバ人であるが、本質的には辺境の自然で闘う孤独な男というアメリカ的ヒーローの系譜に属する。文体は簡潔清澄で、また詩情と象徴性に富む。出版後大いに好評を得、ピュリッツァー賞に続き、1954年ノーベル文学賞をもたらした。[武藤脩二]
『福田恆存訳『老人と海』(新潮文庫) ▽野崎孝・佐伯彰一他訳『老人と海』(『世界文学全集77』所収・1977・集英社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

老人と海の関連情報