コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聖家族 せいかぞくHoly Family

翻訳|Holy Family

5件 の用語解説(聖家族の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

聖家族
せいかぞく
Holy Family

キリスト教美術の主題。イエス・キリストの幼少年時代について,福音書はごくわずかしか伝えていない。その1つは,『マタイによる福音書』2章 13~15,19~23の,聖家族エジプト逃避と滞在,および聖母のナザレの町への帰還の物語であり,さらに『ルカによる福音書』2章 39以下がその町でイエスのすこやかな成長と,12歳のときのエルサレムの宮詣でについて報告している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

せい‐かぞく【聖家族】

キリスト教で、幼児イエス=キリストと母マリアおよび父ヨセフの三人の家族。家族の原形とされ、しばしば絵画や彫刻の題材として扱われる。神聖家族

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

聖家族【せいかぞく】

イエス・キリストと母マリア,父ヨセフの家族をいい,ラテン語Sacra Familia,英語Holy Familyなどの訳。その〈エジプト逃避〉などは古来作例の多い画題。
→関連項目サグラダ・ファミリア教会マリア

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せいかぞく【聖家族 Holy Family】

幼子イエスに最も近い親族。ヨセフ,マリアとイエスの3人(父,母,子)で構成される。《マタイによる福音書》2章13~23節では聖家族の〈エジプト逃避〉について,《ルカによる福音書》2章41~52節ではエジプトからの帰還後,ガリラヤ地方のナザレで,イエスが成人に達するまでを暮らした聖家族の様子について短く述べられている。 美術主題としては,15,16世紀に入って一般化した。美術表現では,食事時の聖家族(ホッサールト,1555ころ,など),大工ヨセフを手伝うイエス(木彫,1470ころ,ユトレヒト大司教館美術館)など,聖家族の日常のエピソードが種々描かれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

せいかぞく【聖家族】

幼児イエスと、その両親マリア・ヨセフの家族。画題として著名。地上における三位一体を象徴する。神聖家族。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

聖家族の関連情報