育児休暇

  • いくじきゅうか〔キウカ〕

ビジネス用語集の解説

育児休暇とは、労働者のための『育児』を目的とした休暇のこと。育児休業ともいう。1992年に育児休業法が施行されるとともに、一般企業などで制度導入が拡がった。

2002年には育児介護休業法として定められており、育児休暇とは1歳に満たない子供を育てるための休業と定義されている。

育児休暇が制度として確立されてからの年数がまだ浅いということもあり、勤務する会社や職種によっては、育児休暇が取得しずらいなどの問題点も指摘されているが、少子高齢化問題を背景として今後さらに取得を支援する流れが強まると思われる。

出典 転職.jpビジネス用語集について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

育児・介護休業法上は育児休業と呼ばれ、原則、男女とも子が1歳になるまで取得できる。独自に社員や職員に1年以上認める企業や自治体もある。同法上、有給無給かの取り決めはないが、条件を満たせば、雇用保険から育児休業給付金を受け取ることができる。厚生労働省によると、2009年度の育休取得率は女性85・6%。男性は過去最高の1・72%。

(2010-11-01 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

緊急事態宣言(感染症)

改正新型インフルエンザ等対策特別措置法(新型コロナウイルス特措法)に基づいて日本政府が発する布告。正式名称は「新型インフルエンザ等緊急事態宣言」。新型インフルエンザなど(新型コロナウイルスの適用対象期...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

育児休暇の関連情報