コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胴枯病 どうがれびょうblight

翻訳|blight

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

胴枯病
どうがれびょう
blight

菌類の寄生によって起る植物の病気。病害部の枝はその周囲を取巻いておかされるので,その部分から先の枝はすべて枯死する。くりがエンドティア・パラシティカ Endothia parasiticaにおかされる場合,桑がディアポルテ・ノムライ Diaporthe nomuraiにおかされる場合などがその顕著な例である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

胴枯病【どうがれびょう】

樹木の幹または大枝の一部が変色して枯死する病害で,多くは子嚢菌(しのうきん)類に属する菌類の寄生によってクリ,リンゴ,クワ,カラマツなどに発生する。十分な肥料を施し,凍害を防いで樹勢が弱らないようにすることなどが予防策となるが,防除は一般にきわめて困難である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

どうがれびょう【胴枯病 canker】

樹皮に腐らん(爛)状の病斑を生じ,病状が進むとこれを生じた枝部あるいは全体が枯死する樹木の病気。子囊菌に属する数属の菌の寄生によって起こる。胴枯部を観察すると樹皮に小さな突起が見られる。これは分生子殻または子囊殻子座である。分生子殻のときは,内部に柄胞子が形成され,黄橙色の巻きひげのように外部に噴出する。これを胞子角と呼ぶ。個々の胞子は水滴に遭うと分散して新しい伝染源となり,傷口から侵入して病斑を作る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

胴枯病
どうがれびょう

モモ、リンゴ、クリ、ブドウなどの果樹類、モミ、トドマツ、カラマツ、ポプラなどの林木、クワなどの木本類に発生する病気。病原菌が木の幹に寄生し、病患部から上部が枯れ、いわゆる「胴枯れ」症状になるため、胴枯病とよばれる。病原は宿主の種類によって異なるが、いずれも子嚢(しのう)菌類、ディアポルテ菌科(胴枯病菌科ともいう)のディアポルテ、レウコストマ、クリフォネクトリア、バルサなどの属に属する菌である。ディアポルテ属ではDiaporthe tanakaeによるリンゴ胴枯病、D. conorumによるモミ、トドマツ、カラマツ胴枯病、D. nomuraiによるクワ胴枯病がある。レウコストマ属ではLeucostoma persooniiによるモモ、スモモ胴枯病がある。クリフォネクトリア属ではCryphonectria parasiticaの寄生によるクリ胴枯病が被害が大きく重要である。バルサ属ではValsa abietisによるヒノキ、サワラなどの胴枯病がある。なおバルサ属の寄生によっておこるリンゴその他種々の果樹類の胴枯れはとくに腐らん病といわれる。胴枯病菌は一般に腐生性が強いため、寒さなどによって樹勢が劣えたときに被害を受けやすい。一度寄生すると病原菌は四季を通じて樹上に残り、長い期間にわたり感染を繰り返すので防除が困難である。晩秋、木の地際(じぎわ)部から地上30センチメートルぐらいの高さまで石灰乳または石灰硫黄(いおう)合剤の原液を塗布して予防する。また発病した木では、病患部を削り取って、チオファネート・メチル塗布剤または有機銅塗布剤を塗布する。[梶原敏宏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone