コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

能田多代子 のだ たよこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

能田多代子 のだ-たよこ

1890-1970 昭和時代の民俗学者。
明治23年1月31日生まれ。柳田国男にまなび,瀬川清子とともに女性の民俗学研究の草分けとして活躍。郷里の青森県五戸(ごのへ)地方の方言や民間伝承を採集,記録した。昭和45年6月12日死去。80歳。旧姓は三浦。著作に「村の女性」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

能田多代子の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android