コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

能褒野 のぼの

4件 の用語解説(能褒野の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

能褒野
のぼの

三重県亀山市東部から鈴鹿市西部にかけて広がる鈴鹿川北岸の洪積台地。台地の先端,鈴鹿川支流安楽川とその支流御幣 (おんべ) 川の合流点近くに,16の陪塚を配する長径約 200mの前方後円墳がある。日本武尊が東征の帰途,この地で没したという『古事記』伝説に基づき,1879年,内務省はこの王塚と呼ばれる古墳 (史跡) を日本武尊の墓と指定し,能褒野御陵と名づけた。 95年隣接して武尊をまつる能褒野神社も創設された。付近は伊勢茶の産地。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

能褒野【のぼの】

能煩野とも。三重県鈴鹿市と亀山市にわたる洪積台地。関西本線加佐登(かさど)駅の北方にあたる。日本武尊が東征ののち,ここで没したという。付近には尊にいわれのある鈴鹿市の白鳥塚古墳や亀山市の能褒野古墳や,尊をまつる加佐登神社がある。
→関連項目亀山[市]古市

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

能褒野
のぼの

三重県北部、鈴鹿(すずか)山脈の東麓(とうろく)、御幣(おんべ)川と内部(うつべ)川の間の扇状地の扇端近く、鈴鹿、亀山両市に広がる洪積台地。記紀には、日本武尊(やまとたけるのみこと)が東征からの帰途、この地で病死し、御陵に葬られたと記される。1879年(明治12)宮内庁により王塚とよばれる前方後円墳(亀山市田村町)が尊の能褒野御陵に指定され、その北東に1895年、尊と弟橘媛(おとたちばなひめ)を祀(まつ)る能褒野神社がつくられた。なお、鈴鹿市にある白鳥(しらとり)塚古墳(県史跡)も尊の御陵と伝えられる。[伊藤達雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

能褒野の関連情報