脇付(読み)ワキヅケ

世界大百科事典 第2版の解説

わきづけ【脇付】

手紙などの書札様文書の宛名の左下に付ける語。宛名人に対して敬意を表すために用いる。書札は,古代・中世の公式様文書,下文様文書とは異なり,差出人から宛名人に対して礼を表すことを基本とした文書であるから,みずからを謙遜し,相手を尊敬する表現をとる。そのため,差出書はみずからの実名を署するのに対し,宛名書は決して相手の実名を書かず,家名,字名(あざな)に官位およびこれに準ずる称号を付して表す。さらに敬称として,殿,館,房,坊,局,禅室,方丈,所等の建物,居室を表す語を付ける。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

わきづけ【脇付】

手紙で、あて名の左下に書き添えて、敬意を表す語。侍史・机下・玉案下などの類。返書には貴酬・尊答などとも書く。脇書き。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の脇付の言及

【宛書】より

…これに対し一般書状や書状形式の綸旨(りんじ),院宣,御教書(みぎようしよ)の類では,宛書は最末行に書かれる。宛書は個人あてのときは,直接その氏名を書かず,その人の官職や位階などで表現する場合もあり,差出人と受取人の身分の差に応じて,宛名の上に上所(あげどころ)といって進上,謹上などの文字を,また宛名の下に殿,様,館などの敬称を,宛名の脇に参(まいる),人々御中,侍史,机下などの脇付(わきづけ)を書くこともある。この上所から脇付までを総称したものが宛書である。…

【手紙】より

…近世の武家では,通例,将軍,主君の安穏を慶賀する祝辞で始まることが多い。宛名には〈上所(あげどころ)〉といい,謹上,進上などの表敬の文字を上部に記し,下には殿,様,先生,兄などの〈敬語〉を楷,行,草にわたって書き分け,さらにその左右の下に〈脇付け〉として人々御中,侍者,侍史,参,まいる,机下などと記し,相手を直接指示しないで敬意を表する。また文中高貴の人物については行を変えたり(平出),その上を1,2字間空白(闕字(けつじ))とする。…

※「脇付」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

技術書典

ITや機械工作などの技術書を専門とする同人誌の即売会。主催は、技術書の同人誌サークル「TechBooster」と技術系電子書籍専門の出版社「達人出版会」。主にコミックマーケットで取り扱われていた技術系...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android