コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脊髄硬膜外膿瘍(読み)せきずいこうまくがいのうよう

家庭医学館の解説

せきずいこうまくがいのうよう【脊髄硬膜外膿瘍】

 脊髄を取り囲む硬膜の外側に化膿菌(かのうきん)による膿瘍ができ、脊髄などを圧迫する病気です。
 原因菌ブドウ球菌(きゅうきん)のことが多く、からだの各部の感染症に引き続いておこります。
●症状
 おこりやすいのは胸椎(きょうつい)で、背中の両側の痛みで始まります。痛みは持続性で、寝て安静を保ってもおさまらず、せきやくしゃみをすると痛みが強くなります。放置すると、2~3日で両下肢(りょうかし)(両脚(りょうあし))がまひします。
 ほかの脊髄の圧迫性疾患と異なり、発熱、震(ふる)えなどの全身的な炎症症状があります。
●検査
 診断には、MRI検査が必要です。硬膜外穿刺(こうまくがいせんし)で硬膜外腔(こうまくがいくう)から膿(うみ)が吸引されることで診断できます。
●治療
 抗生物質を使用し、できるだけ早く手術をして膿を取り除き、脊髄に対する圧迫を減らすとまひが軽くなります。両下肢のまひが高度になると、回復は困難です。

出典 小学館家庭医学館について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android