コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脳血管性認知症 ノウケッカンセイニンチショウ

3件 の用語解説(脳血管性認知症の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

のうけっかんせい‐にんちしょう〔ナウケツクワンセイニンチシヤウ〕【脳血管性認知症】

認知症のうち、脳梗塞脳出血などで脳の一部に障害が起こり、認知能力が低下するもの。障害が起こった部位によって失語症となったり運動障害が生じたりするなど、出現する症状が異なる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家庭医学館の解説

のうけっかんせいちほう【脳血管性認知症 Cerebro-vascular Dementia】

[どんな病気か]
 脳卒中(のうそっちゅう)(脳梗塞(のうこうそく)や脳出血(のうしゅっけつ))の発作後に現われてくるぼけ症状のことです。
 1回の脳卒中発作で現われることもありますが、何回かの脳卒中発作をおこしたあとに現われることが多いものです。
 はっきりとした脳卒中の発作がなくても、症状の出ない多数の小梗塞(しょうこうそく)などの病変(無症候性脳梗塞(むしょうこうせいのうこうそく)(コラム無症候性脳梗塞とラクナ梗塞」))が脳の中にできて、徐々にぼけてくることもあります。高血圧や糖尿病(とうにょうびょう)などの危険因子をもっていて、治療をしていない場合は要注意です。
[症状]
 症状の主体は、年齢相当より以上の物忘れのほか、ちょっとしたことで泣いたり、怒ったり、笑ったりする感情失禁(かんじょうしっきん)がみられますが、計算力、人格、一般常識、病識(自分が病気であるという認識)などは比較的保たれているのがアルツハイマー病と異なる点です。ぼけているところと、正常なところがまじり合った認知症(まだら認知症)ともいえます。
 症状は徐々に進行し、よくなったり、悪くなったりするのも特徴です。歩行障害、運動まひ、言語障害、嚥下(えんげ)障害、尿失禁などの神経症状をともなっていることが多いものです。
[治療]
 脳の血管の動脈硬化(どうみゃくこうか)を促進させる危険因子である高血圧、糖尿病、高脂血症(こうしけっしょう)などに対する食事・運動療法薬物療法を行ないます。
 脳の血管を拡張させて血液の流れをよくする脳血管拡張薬、脳細胞のはたらきを活発にさせる脳代謝改善薬(のうたいしゃかいぜんやく)、血液を固まりにくくして脳梗塞を予防する抗血小板薬(こうけっしょうばんやく)などを使用し、症状の進行を抑えます。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

脳血管性認知症
のうけっかんせいにんちしょう

脳の血管障害(脳梗塞(こうそく)や脳出血など)の発作を繰り返すことによって引き起こされる血管障害性の認知症。脳の神経細胞の変性あるいは減少が原因の変性性認知症に分類されるアルツハイマー型認知症(アルツハイマー病)、レビー小体型認知症と並んで三大認知症に数えられる。かつては認知症のなかでもっとも多いとされていたが、近年ではアルツハイマー型が増加傾向にある。また最近の検査技術の進歩により、脳血管性とアルツハイマー型を合併する事例も多く報告されている。
 日常生活に支障をきたすほどの記憶障害を伴うが、アルツハイマー型などの変性性認知症に比べて言葉や動作など認知機能の全部に障害がおこるわけではなく、判断力などは保たれているため「まだら認知症」あるいは「ざるの目認知症」ともよばれる。障害部位によって臨床症状や程度は異なり、突然発症するが人格も保たれ認知症状は軽度で段階的に進行する場合や、人格障害を伴うなど高度な認知症状が進行性に悪化する場合がある。さらに、急激な感情の変化をきたす感情失禁や、歩行障害、運動麻痺(まひ)、しびれ、言語障害、パーキンソン様歩行、尿失禁などの神経症状や、抑うつ、譫妄(せんもう)、意欲の低下、知的機能の低下などがみられる。
 CT、MRIといった形態画像により梗塞や狭窄(きょうさく)などの虚血性脳病変を確認するほか、近年ではSPECT(シングルフォトエミッションCT)、PETなどの機能画像、あるいは脳の血流変化をとらえるfMRI(機能的MRI)の所見により診断する。新薬の開発も急がれているが、治療は認知症に対する対症療法が中心で、悪化と再発予防のために、高血圧や糖尿病などの生活習慣病、虚血性心疾患、脂質異常症など、脳血管障害をもたらす危険因子に適切に対処して、梗塞や狭窄予防あるいは脳循環代謝改善の目的で薬剤を投与する。また、抑うつや意欲低下には抗うつ薬を用いる。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

脳血管性認知症の関連キーワードタッチメソッド脳卒中脳梗塞御悩卒中何心地不死身プリマドンナtPAとSCU脳卒中と寝たきり

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

脳血管性認知症の関連情報