(読み)ぎょう

日本大百科全書(ニッポニカ)「堯」の解説


ぎょう

中国の伝説上の聖天子。堯を継いだ(しゅん)とあわせて「堯舜の治」といい、旧中国ではもっとも理想的な天子像とされていた。堯の事績は『尚書』「堯典」や『史記』「五帝本紀」に記されているが、後世の儒家思想によって過度に修飾、美化されており、実在性に乏しい。『史記』などによれば、帝堯陶唐(とうとう)氏は、名は放勲(ほうくん)、五帝の一人である帝嚳(ていこく)の子で、生まれながらにして聡明(そうめい)、帝位につくや羲和(ぎか)らに命じて法を定め、孝行の誉(ほま)れ高かった舜を民間から登用して、自分の娘2人を彼の妻とし、天下の政治を摂政せしめた。堯の死後、舜は帝位を堯の子丹朱(たんしゅ)に継がせようとしたが、諸侯たちが舜を推戴(すいたい)してやまないので、舜は「天なり」といって天子の位についたという。

[小倉芳彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「堯」の解説


ぎょう
Yao

中国古代の伝説上の聖王。普通,いわゆる五帝 (→三皇五帝 ) の1人に数えられる。堯は諡号陶唐氏,名は放勲といわれる。帝こくの子。よく天下を治め,天文暦法を定めたとされる。特に,その子を廃して位を治水のあった (しゅん) に譲った (禅譲) ところから,後世,古代における理想的君主典型と考えられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「堯」の解説

ぎょう ゲウ【堯】

中国古代の伝説上の帝王。帝嚳(ていこく)の子。は伊祁(いき)。名は放勛(ほうくん)。日月星辰を観測して暦を作り、また舜(しゅん)二女を与えて、帝位を譲ったという。後世、舜とともに理想的帝王とされた。唐堯。帝堯。陶唐氏。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社世界史事典 三訂版「堯」の解説


ぎょう

中国古代の伝説上の聖天子で,五帝のひとり
暦を定めた。その子が不肖であったので,舜 (しゆん) を用い,これに位を譲った。これを禅譲といい,後世の儒者によって,堯と舜は中国帝王の模範とされた。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android