コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ぎょうYao

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


ぎょう
Yao

中国古代の伝説上の聖王。普通,いわゆる五帝 (→三皇五帝 ) の1人に数えられる。堯は諡号陶唐氏,名は放勲といわれる。帝こくの子。よく天下を治め,天文暦法を定めたとされる。特に,その子を廃して位を治水に功のあった (しゅん) に譲った (禅譲) ところから,後世,古代における理想的君主の典型と考えられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


ぎょう

中国の伝説上の聖天子。堯を継いだ舜(しゅん)とあわせて「堯舜の治」といい、旧中国ではもっとも理想的な天子像とされていた。堯の事績は『尚書』「堯典」や『史記』「五帝本紀」に記されているが、後世の儒家思想によって過度に修飾、美化されており、実在性に乏しい。『史記』などによれば、帝堯陶唐(とうとう)氏は、名は放勲(ほうくん)、五帝の一人である帝(ていこく)の子で、生まれながらにして聡明(そうめい)、帝位につくや羲和(ぎか)らに命じて暦法を定め、孝行の誉(ほま)れ高かった舜を民間から登用して、自分の娘2人を彼の妻とし、天下の政治を摂政せしめた。堯の死後、舜は帝位を堯の子丹朱(たんしゅ)に継がせようとしたが、諸侯たちが舜を推戴(すいたい)してやまないので、舜は「天なり」といって天子の位についたという。[小倉芳彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

堯の関連キーワードフレッド マックィーンリンフェン(臨汾)市ウルストンクラフトロンコド(隆科多)さむらい探偵事件簿妙法院尭然法親王阿弥陀堂だより三条西 実謙常磐井 堯煕三条西 公正許由と巣父陰徳太平記小林 玉枝皇極経世書流れ板七人前原誠司九条尚実崇文総目藤堂高猷千種有能

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

堯の関連情報