自由民権論(読み)ジユウミンケンロン

大辞林 第三版の解説

じゆうみんけんろん【自由民権論】

人間は生来自由であり、平等に政治に参加する権利をもつとする自由民権運動の政治理論。イギリスの立憲主義、フランスの民権論などの影響が強い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じゆうみんけん‐ろん ジイウミンケン‥【自由民権論】

〘名〙 自由民権運動を支えた政治理論。フランスの急進主義の影響が強い。植木枝盛中江兆民らが理論的指導者で、ルソーの「社会契約論」、モンテスキューの「法の精神」、J=S=ミルの「自由論」などから多くを学んでいる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

自由民権論の関連情報