臭素酸(読み)しゅうそさん(英語表記)bromic acid

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

臭素酸
しゅうそさん
bromic acid

化学式 HBrO3水溶液中にだけ安定に存在する。水溶液無色であるが,室温に放置しておくと黄色に変る。-12℃,真空中で注意して蒸発させると約 50%水溶液が得られる。 100℃に熱すると分解する。臭素酸バリウム硫酸を加えて製造することができる。酸化剤として使用。皮膚粘膜をおかす。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しゅうそさん【臭素酸 bromic acid】

化学式HBrO3。水溶液としてのみ存在する。低温で減圧により約50%(重量)まで濃縮できるが(溶液の組成はHBrO3・7H2Oにほぼ相当する),さらに濃縮しようとすると臭素と酸素とに分解する。1気圧での分解温度は100℃。 4HBrO3―→2H2O+2Br2+5O2臭素水に塩素Cl2を作用させ,生じた塩化水素HClを酸化銀(I)で除いてつくる。 Br2+6H2O+5Cl2  ―→2HBrO3+10HCl臭素酸バリウムBa(BrO3)2に計算量の硫を作用させても得られる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しゅうそ‐さん シウソ‥【臭素酸】

〘名〙 化学式 HBrO3 水溶液としてだけ存在する。無色。酸としては臭化水素酸(臭化水素の水溶液)より弱いが沃素酸よりは強い。分解すると酸素と臭素を出す。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

化学辞典 第2版の解説

臭素酸
シュウソサン
bromic acid

臭素のオキソ酸には,モノオキソ臭素(Ⅰ)酸HBrO(通称:次亜臭素酸(hypobromous acid)),ジオキソ臭素(Ⅲ)酸HBrO2(通称:亜臭素酸(bromous acid)),トリオキソ臭素(Ⅴ)酸HBrO3(通称:臭素酸),テトラオキソ臭素(Ⅶ)酸HBrO4(通称:過臭素酸(perbromic acid))があるが,いずれも水溶液としてのみ存在する.このなかで,単に臭素酸という場合にはHBr O3をさす.HBrO3(128.91)は,臭素酸バリウムBa(BrO3)2と硫酸との反応濾液から得られる.低温で減圧蒸発濃縮すると,約50% 程度の粘性のある水溶液が得られる.純粋なものは無色であるが,室温に放置すると,一部分解して淡黄色を帯びるので,低温で保存する.40 ℃ 以上に加熱すると分解し,Br2 と O2 を生じる.強酸性である.強い酸化剤で,H2SやSO2をH2SO4に,H2O2を O2 に,HCl,HBr,HIをそれぞれ Cl2,Br2,I2 に酸化する.HIの酸化反応は定量的に進行するので,臭素酸の定量分析に利用される.染料の合成反応の中間処理で酸化剤として用いられる.皮膚や粘膜をおかす.有毒.[CAS 7789-31-3]

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報