コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

臭素酸 しゅうそさんbromic acid

2件 の用語解説(臭素酸の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

臭素酸
しゅうそさん
bromic acid

化学式 HBrO3水溶液中にだけ安定に存在する。水溶液は無色であるが,室温に放置しておくと黄色に変る。-12℃,真空中で注意して蒸発させると約 50%水溶液が得られる。 100℃に熱すると分解する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しゅうそさん【臭素酸 bromic acid】

化学式HBrO3。水溶液としてのみ存在する。低温で減圧により約50%(重量)まで濃縮できるが(溶液の組成はHBrO3・7H2Oにほぼ相当する),さらに濃縮しようとすると臭素と酸素とに分解する。1気圧での分解温度は100℃。 4HBrO3―→2H2O+2Br2+5O2臭素水に塩素Cl2を作用させ,生じた塩化水素HClを酸化銀(I)で除いてつくる。 Br2+6H2O+5Cl2  ―→2HBrO3+10HCl臭素酸バリウムBa(BrO3)2に計算量の硫酸を作用させても得られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

臭素酸の関連情報