コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

舌骨 ぜっこつ hyoid bone

4件 の用語解説(舌骨の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

舌骨
ぜっこつ
hyoid bone

舌根中にあって下顎骨と喉頭上端との間にあるU字形の小骨で,幼年期には軟骨であるが,成人では骨化する。中央部の体,および両端部の各1対の大角と小角から成り,舌を支え,いくつかの舌筋の起始部となり,開口運動に関与する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ぜっ‐こつ【舌骨】

舌の基底にあるU字形の骨。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ぜっこつ【舌骨】

舌根の下部にある馬蹄形の小骨。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

舌骨
ぜっこつ

下顎骨(かがくこつ)の下方で、舌根(ぜっこん)部と喉頭(こうとう)との間に位置している無対の骨。舌骨は顔面頭蓋(とうがい)を構成する顔面骨に属しているが、この骨のみは他の頭蓋骨から完全に分離・独立している。全体にU字形をしている小骨で、凸部を前方に向けてほぼ水平に位置する。凸部を体部とよび、舌骨ではもっとも太い部分である。この体部両側から後方に向かって大角とよぶ細長い突起が続く。前頸部(ぜんけいぶ)の甲状軟骨のすぐ上端の皮膚の上から、この体部に触れることができる。[嶋井和世]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の舌骨の言及

【喉頭】より

…爬虫類や鳥類でもほぼ同じ構造であるが,ワニ類では甲状軟骨をももつ。哺乳類では喉頭口を閉じる喉頭蓋軟骨が加わり,靱帯と喉頭内筋・外筋,それと舌骨装置の甲状舌骨などと連結して,それぞれの生活様式に適応した複雑な構造となる。高等哺乳類では喉頭の声門部に1対の声帯ひだがあり,このひだの呼気あるいは吸気による空気の振動により喉頭原音を出す。…

【頭骨】より

…狭義には,頭骨は脊柱の前端(上端)に連結して,脳や目,耳,鼻など主要な感覚器および呼吸器,消化器の入口を保護または支持する,骨性または軟骨性の複合的構造だけを指し,下あごなどほかの骨格を含まない。広義にはこの構造と下あごの骨格との複合体を指し,さらに最も広義にはこれらのほか,舌骨やえらの骨格までも含めた全体的骨格を意味する。頭骨はまた頭蓋(ずがい)(cranium,解剖学では〈とうがい〉とよむ)ともいい,俗に頭蓋骨ともいうが,頭蓋は狭義の頭骨で,ふつうは下顎(かがく)骨格を含まない。…

※「舌骨」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

舌骨の関連キーワード下顎骨顎関節喉頭蓋膝関節咀嚼筋中手骨顎骨喉頭結節下顎骨格下顎骨折

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

舌骨の関連情報