コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

船田中 ふなだなか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

船田中
ふなだなか

[生]1895.4.24. 栃木
[没]1976.4.12. 東京
政治家。東京帝国大学を卒業。内務省に入る。1930年衆議院議員に当選。以来当選 15回。1937年近衛文麿内閣の法制局長官。1955年鳩山一郎内閣の防衛庁長官。1963年衆議院議長となり,1965年の日韓基本条約承認をめぐる採決強行。1970年再度議長に就任自由民主党内で反共強硬外交を主張,親大韓民国,親台湾勢力の代表的存在であった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

船田中 ふなだ-なか

1895-1979 昭和時代の政治家。
明治28年4月24日生まれ。船田享二,藤枝泉介の兄。内務省官僚,東京市助役をへて昭和5年衆議院議員(当選15回,自民党)。戦前は法制局長官。30年第3次鳩山内閣の防衛庁長官。のち自民党の外交・安全保障・政務の各調査会長,副総裁などを歴任。38年,45年衆議院議長。また作新学院理事長をつとめた。昭和54年4月12日死去。83歳。栃木県出身。東京帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

船田中の関連キーワード敵基地攻撃能力東京帝国大学船田 享二船田 兵吾日本協同党藤枝 泉介船田 譲昭和時代元田 肇船田兵吾協同党船田元

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android