コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芥屋ノ大門 けやノおおと

2件 の用語解説(芥屋ノ大門の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

芥屋ノ大門
けやノおおと

福岡県北西部,糸島半島の北西端にある海食洞。日本三大玄武洞の一つで,糸島市北西部の芥屋にあり,玄海国定公園に属する。1966年国の天然記念物に指定。大門神社の御神体で俗信や伝説が多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

芥屋ノ大門
けやのおおと

福岡県糸島(いとしま)市志摩(しま)地区西部、糸島半島北西にある海食洞。高さ64メートルの大門崎(おおとざき)の北面は玄武岩の柱状節理を示す絶壁をなし、その下方に高さ8メートル、幅10メートルの海食洞の入口がある。奥行90メートル、観光船で40メートルまで入れる。JR筑前前原(ちくぜんまえばる)駅から芥屋までバス30分。芥屋漁港から観光船が就航している。1966年(昭和41)国の天然記念物に指定され、玄海(げんかい)国定公園に属する。[石黒正紀]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone