小呂島(読み)おろしま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小呂島
おろしま

「おろのしま」ともいう。福岡県北西部,糸島半島北西方約 27kmの玄界灘にある玄武岩小島。福岡市西区に属する。周辺海域は好漁場に恵まれ,アジサバブリ沿岸でアワビ,ウニなどの漁業が行われる。面積 0.43km2人口 211 (2000) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

小呂島

福岡県の博多港から北西45キロメートル、玄海灘に浮かぶ筑前諸島の島。「おろのしま」と読む。面積約0.43平方キロメートル。福岡県福岡市西区に属する。太平洋戦争時には砲台が置かれた。サバ、アジなどのまき網漁のほか、海女によるアワビ漁も行われる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小呂島
おろしま

福岡県北西部、糸島(いとしま)半島の西ノ浦北西27キロメートルの玄界灘(げんかいなだ)上にある孤島。小呂ノ島ともいう。福岡市西区に属す。周囲約3.4キロメートル、面積0.43平方キロメートルの玄武岩からなる南北に長い島で、海岸線は急崖(きゅうがい)が多い。最高点は109メートル。1645年(正保2)の開拓であるが、福岡藩の流刑地となった離島で、本土の姪浜(めいのはま)港から連絡船が通じる。揚繰(あぐり)網、一本釣りなどの漁業が産業の中心で、対馬(つしま)暖流に洗われるため無霜地である。人口210(2009)。

[石黒正紀]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる