コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花柳寿美 はなやぎすみ

世界大百科事典 第2版の解説

はなやぎすみ【花柳寿美】

舞踊家。(1)初世(1898‐1947∥明治31‐昭和22) 本名大橋勇。岐阜県生れ。幼時西川流の師匠に入門。明治末年上京後,新橋に妓をおく。2世花柳寿輔門下となり,花柳寿勇の名を許される。1923年舞踊家を志して妓籍を離れ,25年寿美と改名。翌26年〈曙会〉を興し,新舞踊運動のスターとして活躍した。《火炎のお七》《吉田御殿》をはじめ発表作品多数。オーケストラを用い,日本バレエをめざした作品や,新感覚による衣装などで,絢爛(けんらん)たる舞台に特色を発揮した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

花柳寿美
はなやぎすみ

日本舞踊家。[如月青子]

初世

(1898―1947)本名大橋勇(いさみ)。岐阜県に生まれる。西川流の師匠に入門。1910年(明治43)上京し、花柳徳太郎に師事。のち2世花柳寿輔(じゅすけ)門下となり、花柳寿勇(じゅゆう)の名を許される。この間、新橋芸妓(げいぎ)としての15年間があったが、1925年(大正14)寿美と改名し、芸妓は廃業した。翌年「曙(あけぼの)会」をおこし新舞踊運動のスターとして活躍。恵まれた容姿を生かした、新感覚による絢爛(けんらん)たる舞台に特色を発揮した。代表作に『火炎のお七』『吉田御殿』など。[如月青子]

2世

(1913―2007)初世の養女鈴子。1949年(昭和24)2世を襲名、58年宗岳(そうがく)を名のる。振付け・演出に力を示した。[如月青子]

3世

(1941― )2世の娘で、初世の孫の萬寿子。1946年(昭和21)に2世花柳寿輔に入門。6世尾上菊五郎(おのえきくごろう)の部屋子となり、尾上菊花を名のる。1958年3世を襲名。優れた感性、技芸を示し、とりわけ新作、創作に実力を発揮。代表的な作品に『百済観音(くだらかんのん)』『妖』などがある。[如月青子]
『花柳宗岳編『初代花柳寿美三十三回忌追善記念』(1980・三萬寿)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

花柳寿美の関連キーワード花柳 徳太郎(初代)花柳寿美(初代)花柳 徳太郎花柳 宗岳日本舞踊五條珠実黛 節子

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

花柳寿美の関連情報