コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花柳流 はなやぎりゅう

5件 の用語解説(花柳流の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

花柳流
はなやぎりゅう

「花柳寿輔 (1世)花柳寿輔 (2世)」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

はなやぎ‐りゅう〔‐リウ〕【花柳流】

日本舞踊の流派の一。嘉永2年(1849)4世西川扇蔵門下の西川芳次郎が花柳芳次郎(のちに寿輔(じゅすけ))を名のって創始。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

はなやぎりゅう【花柳流】

日本舞踊の流派。流祖は初世花柳寿輔(じゆすけ)。寿輔は4世西川扇蔵の門弟として西川芳次郎を名のったが,4世扇蔵の没後,西川流から独立して,1849年(嘉永2)花柳芳次郎と改名,花柳流を創立した。初世は振付の才能に恵まれ,幕末から明治の劇壇で名振付師として活躍したが,9世市川団十郎と不和が生じ,劇壇から遠ざかり,1903年没した。実子の花柳芳三郎は6世尾上菊五郎の門弟として俳優修業を志したが,18年門弟たちに望まれ,2世寿輔を襲名した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

花柳流
はなやぎりゅう

日本舞踊の流派。花柳寿輔(じゅすけ)を家元名とし、現家元は4世。初世は西川流4世扇蔵(せんぞう)門下の西川芳次郎(よしじろう)で、師没後の内紛のため独立し、花柳芳次郎として1849年(嘉永2)に創流した。花柳寿助を経て、花柳寿輔と名を定める。幕末から明治前半期にかけて劇場振付けの第一人者として活躍したが、9世市川団十郎と不和となり、劇界から遠ざかって1903年(明治36)に没した。初世の実子花柳芳三郎(よしさぶろう)が年少のため、養子の初世花柳徳太郎が家元を預かり流儀を支えた。芳三郎は1918年(大正7)2世家元花柳寿輔を襲名。新時代の日本舞踊を目ざして「花柳舞踊研究会」を組織する一方、古典舞踊研究の「二十四日会」を発足させるなど、充実した歩みを進めた。歌舞伎(かぶき)座の振付師に起用され、しばらくこの面の活動も続いた。徳太郎と4世花柳芳次郎(後の芳瞠(ほうどう))は分家として寿輔を助け、芳次郎は関西を固めた。多彩な人材が輩出し、全国に門弟が広がり、斯界(しかい)最大の流派に発展した。63年(昭和38)に2世は寿応を名のり、娘わかばが3世家元を継ぎ、2世の義弟寿楽(じゅらく)と5世芳次郎が後見人として補佐した。2007年(平成19)3世死去後、5世芳次郎が4世家元を継ぐ。花柳流から分かれた流派に、若柳(わかやぎ)流、五條(ごじょう)流、猿若流、泉流などがある。[如月青子]
『邦楽と舞踊社編・刊『日本舞踊大系 花柳流』(1965)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の花柳流の言及

【日本舞踊】より

…しかし流派はまた新しい流派や分派を生み,宗家,分家家元などの名称も生じており,現在流派の数は150を超え,今後ますます分派していく傾向にある。 振付師から出た流派では,志賀山万作を流祖とする志賀山流,江戸の振付師藤間勘兵衛から出た藤間流,西川仙蔵を祖とする西川流,幕末期から明治にかけて活躍した初世花柳寿輔が開いた花柳流,若柳吉松の若柳流や,市山七十郎の市山流等がある。また俳優の家から出たものに3世中村歌右衛門を初世とする中村流があり,同じ中村流を名のるものに,初世中村富十郎を祖とするもの,中村弥八(1703‐77)を祖とする虎治派,3世坂東三津五郎より出た坂東流があり,そのほか水木流,岩井流,市川流,尾上流等がある。…

※「花柳流」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

花柳流の関連情報