芸西[村](読み)げいせい

世界大百科事典 第2版の解説

げいせい【芸西[村]】

高知県東部,安芸郡の村。人口4383(1995)。安芸市の西に接し,土佐湾に面する。村域の大半は山地平地は少ないが,中央部を南流する和食(わじき)川の沿岸に耕地が開ける。温暖な気候を利用して古くから蔬菜促成栽培が盛んで,おもにナス,ピーマンを出荷する。地場産業に〈和食縞〉の名で知られる綿織物業があり,地引網などによる沿岸漁業も続けられている。海岸沿いに小高い砂丘が東西にのび,琴ヶ浜にはみごとな松原がみられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android