鷹爪(読み)たかのつめ

精選版 日本国語大辞典「鷹爪」の解説

たか‐の‐つめ【鷹爪】

〘名〙
① 上等な茶の名。
※類集文字抄(15C中)「茶の異名〈略〉鷹爪」
※東寺百合文書‐り・(年未詳)(室町)一二月二八日・赤沢宗益書状「特鷹爪五十袋令拝受候」
ウコギ科の落葉小高木。各地の山地に生える。高さ三~六メートル。樹皮は灰色。葉は三出複葉で、長枝と短枝の枝先に集まってつく。小葉は長さ約五センチメートルの楕円形で、秋、黄色に変わる。初夏、葉腋に長い柄のある複散形花序を出し、ごく小さな黄緑色の五弁花を球状に密集してつける。果実は球形で、小さく黒く熟す。材は柔らかく、はし・げた・経木・マッチの軸などに用いる。いものき。〔日本植物名彙(1884)〕
トウガラシの一変種。果実は円錐形または円筒形で、長さ二~五センチメートル、上向きにつき赤熟する。果肉は薄く、種子とともに極めて辛い。果実を粉末とうがらしにしたり、ピクルスに加える。
※浄瑠璃・太平記菊水之巻(1759)三「ぽんと蹴られた鷹の爪、番椒(とうがらし)いらずにひりつくは」
④ 植物「つめくさ(爪草)」の異名。〔重訂本草綱目啓蒙(1847)〕
⑤ 植物「おのまんねんぐさ(雄万年草)」の異名。〔重訂本草綱目啓蒙(1847)〕

よう‐そう ‥サウ【鷹爪】

〘名〙
① 鷹(たか)のつめ。
※火の柱(1904)〈木下尚江〉二一「軍人の鉄腕に擁せられたる、繊細なる梅子の身は、鷹爪(ヤウサウ)に捉らはれたる雛雀とも言はんか」 〔六韜‐虎韜・軍用〕
② 上等の茶の異称。
※類集文字抄(15C中)「茶之異名 碧粉〈略〉鷹爪、碧粉」 〔負喧雑録〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版「鷹爪」の解説

鷹爪 (タカノツメ)

学名Evodiopanax innovans
植物。ウコギ科の落葉小高木,薬用植物

鷹爪 (タカノツメ)

植物。ナス科の一年草,園芸植物,薬用植物。トウガラシの別称

鷹爪 (タカノツメ)

植物。ナデシコ科の一年草,越年草,薬用植物。ツメクサの別称

鷹爪 (タカノツメ)

植物。スベリヒユ科の一年草,園芸植物。マツバボタンの別称

鷹爪 (タカノツメ)

植物。ベンケイソウ科の多年草。オノマンネングサの別称

鷹爪 (タカノツメ)

植物。スイカズラ科の落葉小高木。ムシカリの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android