コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

若山儀一 わかやま のりかず

4件 の用語解説(若山儀一の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

若山儀一 わかやま-のりかず

1840-1891 明治時代の経済学者,官僚。
天保(てんぽう)11年8月生まれ。江戸の医師西川宗庵の子。若山家の養子となり,緒方洪庵(こうあん)にまなぶ。開成所教授から民部省,大蔵省に勤務。明治4年岩倉使節団にくわわり,税務,財政を研究。帰国後太政官(だじょうかん),宮内省などにつとめ,保護貿易,税制改革を提唱した。明治24年9月3日死去。52歳。別名に緒方正。著作に「保護税説」「泰西農学」など。

若山儀一 わかやま-ぎいち

わかやま-のりかず

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

わかやまぎいち【若山儀一】

1840‐91(天保11‐明治24)
明治前期の官僚,経済学者。江戸の医者の家に生まれ,緒方洪庵の適塾に学ぶ。やがて英学の修得にすすみ,医学をすて,開成所の英語教師となり,明治初年には開成所・大学教授を務める。かたわらイギリス人について経済学を研究。1871年民部省に入り,大蔵省に転じ,岩倉欧米使節団に随行してアメリカに留学する。帰国後,新進官僚として税制改革にあたったが,77年民間に転じ,日本最初の近代的生命保険会社たる日東保生会社の設立に尽力。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

若山儀一
わかやまのりかず
(1840―1891)

明治初期の経済学者、官僚。江戸の医家西川宗庵(そうあん)の子として生まれ、のち若山家に入る。緒方洪庵(おがたこうあん)の門に入り、一時緒方の姓を許されたほどの英才である。幕末には幕吏として外国貿易関係事務に従事、維新後は開成所教授を経て、民部省、大蔵省に出仕し、1871年(明治4)岩倉具視(ともみ)の欧米視察にあたって随員となり、アメリカに3年間滞留、税務・財政を研究した。帰国後、一時期(1877~81)官を辞したが、ふたたび太政官(だじょうかん)、農商務省などに出仕、官僚としての生涯を送った。その間多数の訳書、著書を出し、保護貿易の論陣を張った先覚的経済学者でもあり、税制改革、土地制度その他に関し、多くの有益な建議をなした。また、前述の野にあった時期に、本邦最初の生命保険会社(日東保生会社)を設立した(事業はわずか9か月で挫折(ざせつ))。代表的訳・著書に、ペリーのElements of Political Economyの部分訳『官版経済原論』(1869、箕作麟祥(みつくりりんしょう)との共訳)、バイルズのSophisms of Free-Trade and Popular Political Economy Examinedの訳『自由交易穴探(あなさがし)』(1877)、『保護税説』(1871)などがある。なお、『自由交易穴探』の「引言」には彼の経済思想がまとめて述べられている。[多田 顯]
『大山敷太郎編『若山儀一全集』全2巻(1940・東洋経済新報社) ▽『本庄栄治郎著作集2 日本経済思想史』(1971・清文堂出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

若山儀一の関連キーワード行動経済学カーネマン医者坊主手医者金玉医者工夫の医者食料経済学矢作栄蔵山本美越乃日本経済大典

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone