コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花柳寿輔 ハナヤギジュスケ

5件 の用語解説(花柳寿輔の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

はなやぎ‐じゅすけ【花柳寿輔】

[1821~1903]日本舞踊花柳流の創始者・家元。初世。江戸の人。4世西川扇蔵の門下。江戸歌舞伎の振り付けに活躍し、劇界・舞踊界の第一人者として、多くの作品を残した。代表作品「勢獅子(きおいじし)」「船弁慶」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

花柳寿輔【はなやぎじゅすけ】

日本舞踊の花柳流家元。初世〔1821-1903〕は4世西川扇蔵門下(西川流)で,1849年花柳流を創始。幕末から明治期の振付の名手。2世〔1893-1970〕は初世の次男。
→関連項目茨木花柳寿楽

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

はなやぎじゅすけ【花柳寿輔】

歌舞伎振付師,舞踊家。(1)初世(1821‐1903∥文政4‐明治36) 江戸芝神明に生まれ,4世西川扇蔵の門に入り,芳松と名のった。一時7世市川団十郎の弟子となり,のち再び4世扇蔵の弟子となって,西川芳次郎と改名した。振付の才能を発揮し,4世没後,流派の内紛を機に,花柳芳次郎と改めて花柳流を起こした。その後も寿助,寿輔と度々改名し,河竹黙阿弥と協力して幕末,明治の劇界に名振付師として活躍した。おもな振付は,《忠臣蔵十一段返し》《勢獅子(きおいじし)》《連獅子》《土蜘(つちぐも)》《茨木》《船弁慶》《戻橋(もどりばし)》《釣女》などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

はなやぎじゅすけ【花柳寿輔】

(初世)(1821~1903) 舞踊家。江戸の人。西川流から出て花柳流を創始。振り付けに才能を発揮。代表的振り付け曲は「土蜘」「茨木」。 〔「寿輔」の名は、花柳流家元名として現在三世を数える〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

花柳寿輔
はなやぎじゅすけ

日本舞踊花柳流の家元名。[如月青子]

初世

(1821―1903)7世市川団十郎のもとで歌舞伎(かぶき)役者として修行したが19歳で廃業。幼時、入門していた4世西川扇蔵(せんぞう)門下に戻り、西川芳次郎(よしじろう)を名のる。師につき添い歌舞伎界における振付けを学んだが、師没後の西川一門の争いのなかで破門されたのち花柳芳次郎と改名し、1849年(嘉永2)花柳流を創流。翌年寿助と改め、51年から中村・市村・河原崎(かわらさき)座の振付を兼ね、60年(万延1)に寿輔と改める。名振付師として劇界に活躍。『勢獅子(きおいじし)』『土蜘(つちぐも)』『船弁慶(ふなべんけい)』『茨木(いばらき)』など数多くの作品がある。明治中期以降は、2世藤間勘右衞門にその地位を明け渡すこととなった。[如月青子]

2世

(1893―1970)初世の実子。本名花柳芳三郎(よしさぶろう)。父没後、歌舞伎界に入り、やがて6世尾上(おのえ)菊五郎の部屋子となり尾上菊太郎を名のるが、6年後、歌舞伎界を離れて舞踊家への道を選び、1918年(大正7)2世を継ぐ。新舞踊運動の先達となり「花柳舞踊研究会」をおこす。一方、古典研究の会も重ね、また、歌舞伎界の振付けを続けた時期もあり、多彩な活動を行った。『独楽(こま)』『黒塚(くろづか)』『夢殿(ゆめどの)』をはじめ振付け作品多数。60年(昭和35)重要無形文化財保持者(人間国宝)、63年寿応(じゅおう)を名のった。[如月青子]

3世

(1935―2007)2世の娘わかばが1963年(昭和38)に継ぐ。翌年から父にかわり「花柳舞踊研究会」を主宰。流儀の運営機構を整え、講習会や若手育成などに努め、充実をはかった。父の三回忌にその志を生かす花柳寿応賞を制定した。代表的作品は『夢殿』『こうのとり』など。[如月青子]

4世

(1931― )4世花柳芳次郎の子で本名花柳寛(ひろし)。伯父である2世寿輔に師事。1967年(昭和42)5世芳次郎を襲名。3世家元の後見人を長く務めた。2007年(平成19)寛応(かんおう)を名のったのち4世家元寿輔を襲名。[如月青子]
『河竹繁俊編『初代花柳寿輔』(1936・花柳家元蔵版) ▽三代目花柳寿輔編『二世花柳寿輔』(1972・白凰社) ▽『花わけ衣』(1992・三代目寿輔発行)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

花柳寿輔の関連キーワード西川流藤間勘右衛門歌舞伎狂言振付師藤間勘兵衛中村菊寿中村虎治(初代)西川扇蔵(4代)坂東三津之丞山村れん

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

花柳寿輔の関連情報