コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

若美[町] わかみ

百科事典マイペディアの解説

若美[町]【わかみ】

秋田県北西部,南秋田郡の旧町。八郎潟と日本海にはさまれた細長い地域を占める。米作を中心とするが,野菜,果樹,葉タバコも産する。特にメロン栽培は有名。中部の申川(さるかわ),福米沢(ふくめさわ)には油田があり,原油,天然ガスを産する。2005年3月男鹿市へ編入。42.74km2。7501人(2003)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

わかみ【若美[町]】

秋田県西部,南秋田郡の町。1970年町制。人口8033(1995)。男鹿半島の基部にあたり,北西部は日本海に面し,東部は八郎潟に接する。中心の角間崎(かくまざき)は近世に男鹿街道の宿駅として栄え,南部の渡部(わたなべ)は文政年間(1818‐30)に,渡部斧松(おのまつ)が滝ノ頭(現,男鹿市)の水源を得て開いた新田集落である。農業を主とし,米作のほか北部砂丘地ではブドウ,メロン,スイカなどの栽培も盛ん。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android