コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

男鹿市(読み)おが

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

男鹿〔市〕
おが

秋田県西部,日本海に突出する男鹿半島の大部分を占める市。 1954年船川港町と脇本村,五里合 (いりあい) 村,男鹿中村,戸賀村の4村が合体して市制。 1955年北浦町,船越町の2町を編入。 2005年若美町と合体。地名は蝦夷名の恩荷 (おんが) に由来と伝えられる。安東氏の統治下に脇本城が築かれ,県内では最も早くから開けたところといわれる。南岸の船川港は県下有数の漁港で,江戸時代には避難港として利用された。船川に石油精製工場があり,石油備蓄も行なわれている。さらに木材コンビナートが形成されている。半島基部の申川,福米沢では石油,天然ガスを生産。また旧八郎潟西側では米作が盛んであるほか,丘陵地ではタバコ,果樹などが栽培される。豊富な観光資源に恵まれ,寒風山パノラマラインなどの観光道路も完成,寒風山 (355m) ,八望台,入道崎,男鹿温泉,戸賀湾などの景勝地が多く,男鹿国定公園に指定されている。ツバキ自生北限地帯は国の天然記念物。日本に数少ないマールの一ノ目潟,二ノ目潟,三ノ目潟がある。なまはげ行事,東湖八坂神社のトウニン (統人) 行事は国の重要無形民俗文化財。秋田市に通じる JR男鹿線の起点。面積 241.09km2。人口 2万8375(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

男鹿市の関連情報