コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

若美 わかみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

若美
わかみ

秋田県西部,男鹿市東部の旧町域。男鹿半島基部にある。旧八郎潟の西側に位置し,南北に細長く,北西は日本海に面する。 1956年潟西 (かたにし) 村と払戸 (ふっと) 村が合体して琴浜村となり,1970年若美町に改称し町制。 2005年男鹿市と合体。潟に面した水田を中心に米作が盛ん。丘陵部に開発された畑では,果樹,タバコが栽培される。玉池地区ではチューリップを栽培。付近に申川,福米沢 (ふくめざわ) の油田がある。天然ガスも生産。なまはげ行事は国の重要無形民俗文化財

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

若美
わかみ

秋田県西部、南秋田郡にあった旧町名(若美町(まち))。現在は男鹿(おが)市の北部と東部を占める地域で、男鹿半島の基部に位置し、東部は八郎潟(はちろうがた)西部承水路に臨む。旧若美町は、1970年(昭和45)琴浜(ことはま)村が町制施行して成立。2005年(平成17)男鹿市に合併。国道101号が通じる。地域の西部は日本海沿いの砂丘地帯、東部は湖岸に沿う水田地帯で、米作のほか、野菜・葉タバコ栽培、砂丘でのメロン、ブドウ栽培などが行われる。1955年に申川(さるかわ)油田が開発されたほか、福米沢(ふくめざわ)、福川油田があり、石油、天然ガスの産出があるが、その量は減少している。[宮崎禮次郎]
『『若美町史』(1979・若美町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

若美の関連キーワード市川 鰕十郎(6代目)秋田県男鹿市野石鎌田 典三郎秋田県男鹿市石川 真良秋田(県)男鹿(市)渡部斧松秋田油田

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android