英語の民間試験の活用

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

英語の民間試験の活用

文部科学省は2020年度から始まる大学入学共通テストで「読む・聞く・書く・話す」という英語の4技能を測る。だが数十万人が一斉に受験するテストでは「話す」「書く」力を測ることが難しいため、民間試験を活用することになった。 初年度は8種類の試験が大学入試センターによって認められた。受験生は高校3年の4~12月に受けた2回の試験の成績を大学に出し、評価を受ける。23年度までは入試センターが「読む・聞く」の2技能を測るためのテストも実施する。

(2019-02-13 朝日新聞 朝刊 教育1)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

翔んで埼玉

魔夜峰央(まやみねお)によるギャグマンガ、及び、それを基にした映画作品。埼玉県民が東京都民に虐げられる架空の日本を舞台に、埼玉県解放を目指す人々の愛と戦いを描く。「花とゆめ」(白泉社)の1982年冬の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

英語の民間試験の活用の関連情報