ごっそり

精選版 日本国語大辞典「ごっそり」の解説

ごっそり

〙 (「と」を伴って用いることもある)
① 多くの物を残らず取ったり与えたりするさまを表わす語。ねこそぎ。全部
俳諧・飛梅千句(1679)賦何箱俳諧「ほしひほととる山の秋鹿〈西里〉 の世に他人の跡もこっそりと〈西伊〉」
蟹工船(1929)〈小林多喜二〉二「嘘のやうな金が、そしてゴッソリ重役のに入ってくる」
② 特に、髪の毛を全部剃り落とすさまを表わす語。
咄本・鹿の子餠(1772)俄道心「ひたと出っくわした所、ごっそり剃た道心すがた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「ごっそり」の解説

ごっそり

[副]
余すところなく全部。根こそぎ。残らず。「ごっそり(と)盗まれる」「土砂ごっそり(と)崩れる」
数量の多いさま。「株でごっそり(と)もうける」
[類語]ごそっと残らず洗いざらいくまなく根こそぎ虱潰しすべて何もかもことごとくなべて悉皆しっかい余すところなく漏れなく逐一ちくいちすっかりそっくり一から十まであまねく満遍ない万事一切一切合財丸ごとすっぽりいちいち細大漏らさず何でもかんでも根掘り葉掘り

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android