一切合切(読み)イッサイガッサイ

デジタル大辞泉の解説

いっさい‐がっさい【一切合切/一切合財】

同義語の「一」と「合切」を重ねて、意味を強めた
全部。残らず。すべて。「―が灰になる」「―を売り払う」
(あとに打消しの語を伴い副詞的に用いて)全然。いっさい。「今後は―関知しない」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

四字熟語を知る辞典の解説

一切合切

何もかも。全部。残らず。すべてのもの。いっさい。

[使用例] 手ブラのまま日本に逃げ帰って、一切合財を放り棄てたままである[檀一雄*火宅の人|1975]

[使用例] 不に自分の側にいる妻も、遊園地にいる子供も、いな、この遊園地も百貨店も一切合財が消え失せて、自分一人、見知らぬ場所に立っているような気がした[福永武彦*海市|1968]

[解説] 同じ意味の「一切」と「合切」を重ねて、その意を強めた語。下に打消の語を伴って副詞的にも用い、「合切」は「合財」とも書きます。

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報