茂呂遺跡(読み)もろいせき

日本大百科全書(ニッポニカ)「茂呂遺跡」の解説

茂呂遺跡
もろいせき

東京都板橋区小茂根(こもね)(旧茂呂町)所在の先土器時代遺跡。石神井(しゃくじい)川に面するオセド山と通称される独立丘上に立地する。標高約20メートル。1951年(昭和26)明治大学と武蔵野(むさしの)郷土館が共同調査した。ローム層中から二か所の礫(れき)群とともにナイフ形石器、彫器(ちょうき)を含む約80点の石器群が検出された。石器には黒曜石が多用されている。本遺跡は茂呂型ナイフ形石器の初めての発見地であり、標式の遺跡であるとともに、南関東地方で最初に確認された先土器時代遺跡として学史的に著名である。

[戸沢充則]

『杉原荘介他「東京都茂呂における関東ローム層中の石器文化」(『駿台史学 九』所収・1959・明治大学駿台史学会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「茂呂遺跡」の解説

茂呂遺跡
もろいせき

東京都板橋区にある先土器時代の遺跡で,石神井川付近の丘上にある。黒曜石製のナイフ形石器と,多数剥片が出土した。茂呂型ナイフの標式遺跡。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版「茂呂遺跡」の解説

もろいせき【茂呂遺跡】

東京都板橋区小茂根町の石神井川にそった孤立丘,茂呂山あるいはオセド山と呼ばれる丘の北側斜面に発見された先土器時代の遺跡。1951年に明治大学と武蔵野郷土館が調査し,岩宿遺跡発見後,北関東以外の地で最初に確認された先土器時代遺跡となり,南関東を主とした遺跡の新発見と研究の進展を促すきっかけとなった。発掘した石器,石片は100点足らずの少数であるが,その中の黒曜石製のナイフ形石器は,背に当たる部分の調整加工が発達したタイプで,その後の研究で茂呂型ナイフ形石器と呼ぶものの標準資料となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

グレコローマンスタイル

アマチュアのレスリング競技形式の一種。競技者は腰から下の攻防を禁じられており,上半身の攻防のみで戦う。ヨーロッパで発生したのでヨーロッパ型レスリングとも呼ぶ。古代ギリシア時代から行なわれていた型が受け...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android