コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茶の本 ちゃのほんThe Book of Tea

5件 の用語解説(茶の本の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

茶の本
ちゃのほん
The Book of Tea

英文の茶論書。岡倉天心著。 1906年ニューヨークで出版され,29年邦訳が出る。日本の伝統的民族文化の結晶としての茶道を紹介しながら,西洋文明に欠けるものを鋭く突いた芸術論。英米人にも広く読まれ,フランスドイツスペインスウェーデンなどにも翻訳紹介された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

茶の本【ちゃのほん】

岡倉天心の英文著書。《The Book of Tea》。1906年,ニューヨークで刊行。ボストン美術館の東洋部長であった天心が,茶道を通じて伝統的な日本の精神文化と生活を説いたもので,欧米知識人の間に広く読まれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちゃのほん【茶の本 The Book of Tea】

岡倉天心の英文著作。1906年ニューヨークのフォックス・ダフィールド社刊。天心が生前に公刊した3冊の英文著作のうちの最後のもので,茶道の歴史,茶室,茶の湯に結びついた芸術鑑賞や花,茶の宗匠などについて述べ,その根本にあるとする東洋の美と調和の精神を説く。欧米人に対して,日本文化を紹介する案内書的性格をもっている。他の2著にくらべると沈静した叙述で貫かれ,ゆとりと同時に一種の諦念が感知され,晩年の天心の内面を反映している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ちゃのほん【茶の本】

近代の茶道論の書。岡倉天心著。1906年(明治39)ニューヨークで刊行。茶の湯のもつ意味と歴史を体系的に論じた最初のもの。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

茶の本
ちゃのほん

近代を代表する茶道理論の書。岡倉天心著。一冊。1906年(明治39)ボストン美術館の東洋部顧問をしていた天心が、日本文化紹介のために英文で書いたのが本書である。原題は『The Book of Tea』。全体は7章からなり、わび茶の美意識と、美の表現としての茶器、歴史、茶室、花などについて道教の思想を通して独自の見解を述べている。アメリカで出版されたあと、スウェーデン、ドイツ、フランス、スペイン語に訳され、邦訳(昭和4)もある。[筒井紘一]
『村岡博訳『茶の本』(岩波文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

茶の本の関連キーワード児童雑誌生田長江小松耕輔島村抱月ドールンブルックベアトヘボンメッケルセリエイト組織

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

茶の本の関連情報