コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茶の本 ちゃのほん The Book of Tea

5件 の用語解説(茶の本の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

茶の本
ちゃのほん
The Book of Tea

英文の茶論書。岡倉天心著。 1906年ニューヨークで出版され,29年邦訳が出る。日本の伝統的民族文化の結晶としての茶道を紹介しながら,西洋文明に欠けるものを鋭く突いた芸術論。英米人にも広く読まれ,フランスドイツスペインスウェーデンなどにも翻訳紹介された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

茶の本【ちゃのほん】

岡倉天心の英文著書。《The Book of Tea》。1906年,ニューヨークで刊行。ボストン美術館の東洋部長であった天心が,茶道を通じて伝統的な日本の精神文化と生活を説いたもので,欧米知識人の間に広く読まれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ちゃのほん【茶の本 The Book of Tea】

岡倉天心の英文著作。1906年ニューヨークのフォックス・ダフィールド社刊。天心が生前に公刊した3冊の英文著作のうちの最後のもので,茶道の歴史,茶室,茶の湯に結びついた芸術鑑賞や花,茶の宗匠などについて述べ,その根本にあるとする東洋の美と調和の精神を説く。欧米人に対して,日本文化を紹介する案内書的性格をもっている。他の2著にくらべると沈静した叙述で貫かれ,ゆとりと同時に一種の諦念が感知され,晩年の天心の内面を反映している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ちゃのほん【茶の本】

近代の茶道論の書。岡倉天心著。1906年(明治39)ニューヨークで刊行。茶の湯のもつ意味と歴史を体系的に論じた最初のもの。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

茶の本
ちゃのほん

近代を代表する茶道理論の書。岡倉天心著。一冊。1906年(明治39)ボストン美術館の東洋部顧問をしていた天心が、日本文化紹介のために英文で書いたのが本書である。原題は『The Book of Tea』。全体は7章からなり、わび茶の美意識と、美の表現としての茶器、歴史、茶室、花などについて道教の思想を通して独自の見解を述べている。アメリカで出版されたあと、スウェーデン、ドイツ、フランス、スペイン語に訳され、邦訳(昭和4)もある。[筒井紘一]
『村岡博訳『茶の本』(岩波文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

茶の本の関連キーワード岡倉ニューヨーク・ニューヨークニューヨークニューヨークニューヨーク・ニューヨーク・ウルトラライトニューヨーク・ニューヨーク・フルフレーバーニューヨーク・ニューヨーク・メンソールニューヨーク・ニューヨーク・メンソール・ライトニューヨークニューヨーク・ワンニューヨークパパ東洋の理想

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

茶の本の関連情報