茶臼山遺跡(読み)ちゃうすやまいせき

日本大百科全書(ニッポニカ)「茶臼山遺跡」の解説

茶臼山遺跡
ちゃうすやまいせき

長野県諏訪(すわ)市上諏訪所在の先土器時代遺跡。霧ヶ峰火山台地突端の茶臼山と呼称される丘陵上に立地する。眼下に諏訪湖を望み、標高約855メートル、湖面からの比高約100メートル。1952年(昭和27)藤森栄一らが調査した。ローム層上面より数十センチメートルの深さから、炉址(ろし)状遺構2か所とともに黒曜石製を主とする石器約1000点が出土した。そのうち、ナイフ形石器と局部磨製石斧(せきふ)が特徴的である。本遺跡は関東地方以外で初めて調査された先土器時代遺跡として学史的に著名である。

戸沢充則

『戸沢充則「茶臼山石器文化」(『考古学集刊』1-4所収・1962・東京考古学会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「茶臼山遺跡」の解説

茶臼山遺跡
ちゃうすやまいせき

長野県諏訪市上諏訪茶臼山に所在する旧石器時代の遺跡。黒曜石製の石刃,ナイフ形石器,エンドスクレーパー,彫刻器,および局部磨製石斧などが出土した。 1952年,藤森栄一らによって,関東以外で初めて発掘された旧石器文化遺跡として,学史的にも重要である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

グレコローマンスタイル

アマチュアのレスリング競技形式の一種。競技者は腰から下の攻防を禁じられており,上半身の攻防のみで戦う。ヨーロッパで発生したのでヨーロッパ型レスリングとも呼ぶ。古代ギリシア時代から行なわれていた型が受け...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android