コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茶館 サカン

世界大百科事典 第2版の解説

ちゃかん【茶館 chá guǎn】

中国の旧式喫茶店,日本の茶店(ちやみせ)にあたる。時代や地方や規模によって,茶園,茶社,茶室,茶肆,茶居,茶坊,茶寮,茶楼(2階建て)などの別称があり,さらに卓子(テーブル),椅子(いす)を備えた客席を茶卓,茶座とも称した。その地域の繁華な場所,近代では公園内などに設けられ,住民または行楽客に茶を提供する休憩所とした。屋内または屋外に卓と椅子(または籐椅子)を置き,卓上にはスイカ,カボチャ,ヒマワリなどの種やナツメ,アンズなどの蜜煮の小皿を並べ,お茶うけとして用意する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

さかん【茶館】

中国、宋代の大都市に出現した喫茶店・軽食堂。茶坊ともいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

茶館の関連キーワードポツダムとベルリンの宮殿群と公園群レイチェル・チャンヤムチャ(飲茶)茶館(ちゃかん)サンスーシ公園茶館(さかん)パウリスタ口承文芸宇仁菅真田中弘史カフェー中国演劇コーヒー斉藤幸恵上田耕一カフェ満州族北寺塔鄭永慶馬連良

今日のキーワード

ICT

情報・通信に関する技術の総称。従来から使われている「IT(Information Technology)」に代わる言葉として使われている。海外では、ITよりICTのほうが一般的である。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

茶館の関連情報