草苺(読み)クサイチゴ

デジタル大辞泉の解説

くさ‐いちご【草×苺】

バラ科の草状の低木。山野に生え、高さ20~60センチ。茎にはまばらにとげがあり、葉は羽状複葉で長い柄がある。春、白い花をつけ、実は熟すと赤くなり、食べられる。わせいちご。なべいちご。 夏》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

草苺 (クサイチゴ)

学名:Rubus hirsutus
植物。バラ科の落葉小低木

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

くさ‐いちご【草苺】

〘名〙 バラ科の半常緑低木。本州、四国、九州の山野の樹林下などに生える。茎はややつる性で高さ二〇~四〇センチメートルになる。茎および葉柄には軟毛と刺(とげ)がある。葉は長柄をもち互生し長さ三~六センチメートルの卵状楕円形で縁には鋸歯(きょし)がある。三~五個の小葉からなる羽状複葉で、両面に毛が生える。春、短枝の先端に径四センチメートルくらいの白色の五弁花を一~二個開く。果実は径一~一・五センチメートルの球形で赤熟し、甘ずっぱい味がして食べられる。草になるキイチゴの意という。漢名として蓬を用いるが誤用。わせいちご。やぶいちご。なべいちご。はんといちご。《季・夏》
▼くさいちごの花《季・春》 〔大和本草(1709)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android