コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

葉山[町] はやま

世界大百科事典 第2版の解説

はやま【葉山[町]】

神奈川県南東部,三浦郡の町。人口2万9883(1995)。三浦半島頸部の西岸にあり,西は相模湾に臨み,屈曲に富む海岸線をもつ。かつては小さな農漁村にすぎなかったが,1880年代後半にドイツ人医師ベルツらによって,避寒避暑の保養地として紹介され,89年の横須賀線開通以後,別荘が続々と建てられた。さらに94年に葉山御用邸が建設され,全国に知られるようになった。第2次大戦後は東京や横浜の通勤住宅地化が著しい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

葉山[町]の関連キーワード神奈川県立近代美術館神奈川県三浦郡

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

葉山[町]の関連情報