コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鐙摺 アブミズリ

3件 の用語解説(鐙摺の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あぶみ‐ずり【××摺】

馬の脇腹の、が当たる部分。また、鐙が当たってできたたこ。
鎧(よろい)の脛当(すねあ)ての内側下部。かこずり。
播磨革(はりまがわ)などで作った簡単な障泥(あおり)
馬の鐙がすれるほど、道幅の狭い箇所。あぶずり。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

あぶみずり【鐙摺】

播磨はりま革などで作った、簡単な障泥あおり
馬の横腹の、鐙の当たる部分。また、そこにできるたこ。 〔和名抄〕
当世具足の脛当すねあての鉸具かこの当たる部分。かこずり。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鐙摺
あぶずり

神奈川県三浦郡葉山町北部の一地区。逗子(ずし)市南部に接する。海岸沿いに国道134号が走る。海岸道は中世までは古東海道の一部であった。平安末期から三浦氏の一族、大多和義久(おおたわよしひさ)の別館があったが、1177年(治承1)伊豆の蛭ヶ小島(ひるがこじま)に配流中の源頼朝(よりとも)が訪ねたおり、近くの小山に築城(現鐙摺城跡)しようと検分したが、道が狭く急で、岩に鐙(あぶみ)が摺(す)れたので頼朝が「鐙摺」と命名したのが地名のおこりと伝える。ここの下の船溜(ふなだま)りはわが国近代ヨットの発祥地で、現在も大型のヨットハーバーがある。この付近から逗子市境にかけた一帯の基盤地層に、日本列島の生成史、すなわち第三紀の造山運動を物語る「鐙摺の不整合」が露出していることでも有名。[浅香幸雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の鐙摺の言及

【葉山[町]】より

…企業の海の家,保養所も多く,近年はリゾートマンションが建ち並ぶ。逗子市に接する鐙摺(あぶずり)は日本のヨットレース発祥地として知られ,ヨットハーバーがあり釣船の基地としてもにぎわう。町の南部,横須賀市にまたがる丘陵部が開発され,湘南国際村が県の企画により生まれている。…

※「鐙摺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

鐙摺の関連キーワード播州平野姫路平野松柏チェリー把・播・波・派・爬・破・覇・霸花菱みか潮兵庫県加古郡稲日稚郎姫

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone