コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

葉徳輝 しょうとくきShe De-hui

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

葉徳輝
しょうとくき
She De-hui

[生]同治3(1864).2.11.
[没]1927.4.11. 湖南,長沙
中国,清末から民国にかけての学者。字はけい園。光緒 18 (1892) 年の進士。吏部主事となったが,早く官を退いて郷里著述に専念。彼の学は経学,文学から星命学,書誌学などに及んだが,当時の革新思想に反対して共産党軍に殺された。著書に『六書古微』『書林清話』など多数。

葉徳輝
ようとくき

葉徳輝」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しょうとくき【葉徳輝 Yè Dé huī】

1864‐1927
中国,清末から民国にかけての学者。字は煥(奐)彬,園(けいえん)と号した。光緒18年(1892)の進士で,吏部文選司主事として退官。小学,目録学にくわしく,蔵書家としても著名であった。《孟子章句》など古書の佚文を集成したもの,また《園蔵書志》など,蔵書家,目録学者としての業績が多い。《書林清話》10巻も通論としてよく利用される。なお日本では〈せっとっき〉とも読まれることがあるが,中国の現代音yèは日本音〈よう〉に当たる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の葉徳輝の言及

【葉徳輝】より

…中国,清末から民国にかけての学者。字は煥(奐)彬,園(けいえん)と号した。光緒18年(1892)の進士で,吏部文選司主事として退官。小学,目録学にくわしく,蔵書家としても著名であった。《孟子章句》など古書の佚文を集成したもの,また《園蔵書志》など,蔵書家,目録学者としての業績が多い。《書林清話》10巻も通論としてよく利用される。なお日本では〈せっとっき〉とも読まれることがあるが,中国の現代音yèは日本音〈よう〉に当たる。…

【葉徳輝】より

…中国,清末から民国にかけての学者。字は煥(奐)彬,園(けいえん)と号した。光緒18年(1892)の進士で,吏部文選司主事として退官。小学,目録学にくわしく,蔵書家としても著名であった。《孟子章句》など古書の佚文を集成したもの,また《園蔵書志》など,蔵書家,目録学者としての業績が多い。《書林清話》10巻も通論としてよく利用される。なお日本では〈せっとっき〉とも読まれることがあるが,中国の現代音yèは日本音〈よう〉に当たる。…

※「葉徳輝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

葉徳輝の関連キーワード葉徳輝(しょうとくき)葉徳輝(ようとくき)京本通俗小説松崎 鶴雄塩谷温湖南

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android