コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

葉枯病(アカクローバ)

飼料作物病害図鑑の解説

葉枯病(アカクローバ)

葉に多く発生する斑点性の糸状菌病。葉では水浸状小斑だが、やがて黒褐色になり、葉脈に仕切られた病斑となる。病斑はしばしば葉縁から伸長して隣接病斑と融合して大型病斑となり、葉は縮んで枯れる。病葉は早期に落葉する。病原菌はアルファルファ葉枯病菌と同種だが、アルファルファにはほとんど寄生性を示さない。

出典|畜産草地研究所飼料作物病害図鑑について | 情報

葉枯病(アカクローバ)の関連キーワード褐条葉枯病(バミューダグラス)すす葉枯病(シコクビエ)GMイネとディフェンシン葉枯病(アルファルファ)斑点病(トウモロコシ)パメラ ロナルド遺伝子組換え植物ジャガイモ飢饉プロベナゾール植物ウイルス病ヒメトビウンカ石灰硫黄合剤トウモロコシハナショウブ逸見 武雄植物細菌病ごま葉枯病セレサン逸見武雄秋落ち