コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

葉枯病(オーチャードグラス)

飼料作物病害図鑑の解説

葉枯病(オーチャードグラス)

北海道から九州まで広い地域で発生する斑点性の糸状菌病。初め褐色の小さな斑点が現れ、徐々に広がって淡褐色〜赤褐色、紡錘形〜楕円形病斑になり、内部からにぶい黄色またはわら色に色あせていく。病斑は長さ1〜2cmまで広がり、葉枯症状となる。古くなった病斑上には褐色の小粒が現れることがあるが、これは病原菌の柄子殻である。病原菌の寄生性等についてはまだあまり調べられていない。

出典|畜産草地研究所飼料作物病害図鑑について | 情報

葉枯病(オーチャードグラス)の関連キーワード褐条葉枯病(バミューダグラス)葉枯病(アルファルファ)すす葉枯病(シコクビエ)GMイネとディフェンシン葉枯病(アカクローバ)斑点病(トウモロコシ)遺伝子組換え植物パメラ ロナルドジャガイモ飢饉プロベナゾール植物ウイルス病ヒメトビウンカハナショウブトウモロコシ石灰硫黄合剤逸見 武雄ごま葉枯病植物細菌病セレサン逸見武雄

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android