コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蓼胡蝶 たでこちょう

世界大百科事典 第2版の解説

たでこちょう【蓼胡蝶】

1869‐1958(明治2‐昭和33)
小唄〈蓼派〉初代家元。本名館(たち)なか。東京に生まれ,都一以奈(いちいな)に師事した。一以奈は8世一中没後の一中節を代表した太夫で多くの小唄も残した都以中(みやこいちゆう)の愛弟子で,のち2世清元梅吉の後妻となった人。なかは小唄,一中節,清元を師より習い,18歳から小縫の名で柳橋の芸者となったが,のち小蝶と名を改めて新橋に帰った。1907年に妓籍を退いたが,この間に名妓として巷(ちまた)を賑わせ,伊藤博文をはじめ多くの名士の知友を得た。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

蓼胡蝶の関連キーワード蓼 胡蝶(1代目)蓼 胡蝶(2代目)蓼 胡蝶(初代)蓼胡蝶(2代)横山 さき9月18日永井 ひろ永井ひろ

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android