コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

光復会 こうふくかい Guang-fu-hui; Kuang-fu-hui

7件 の用語解説(光復会の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

光復会
こうふくかい
Guang-fu-hui; Kuang-fu-hui

中国,清末の革命団体。浙江省出身の日本留学生会党員を中心に光緒 30 (1904) 年頃結成。会長は蔡元培 (さいげんばい) で,陶成章,章炳麟秋瑾 (しゅうきん) らが会員であった。孫文の興中会,黄興の華興会とともに同 31年の中国革命同盟会結成の母体となったが,国粋主義的性格が濃厚で,同盟会主流とはとけあわず,独自な活動を展開することが多かった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こうふく‐かい〔クワウフククワイ〕【光復会】

中国朝末期に、蔡元培(さいげんばい)章炳麟(しょうへいりん)らが、清朝打倒を目ざして組織した革命結社。1905年興中会華興会大同団結し、中国革命同盟会へと発展したが、のち分裂、孫文らと対立した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

光復会【こうふくかい】

中国,清末の革命的秘密結社華興会興中会と鼎立(ていりつ)した浙江派の団体。成立は1904年冬とされる。章炳麟(しょうへいりん)が1903年に作った愛国学社,中国教育会系や会党の人によって結成された。
→関連項目劉師培

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

こうふくかい【光復会 Guāng fù huì】

中国,清末の民族・民主革命結社。帝政ロシアの東北(旧満州)侵略を引金に,1904年(光緒30)冬,上海で結成された。初代会長は蔡元培であったが,終始,章炳麟の強い影響下にあった。ほかに,陶成章,徐錫麟(じよしやくりん),秋瑾らも有名で,広く江浙一帯の教育界,商業界,会党からの支持を得ていた。大通学堂は,その宣伝および教育機関,会党の竜華会(りゆうげかい)は,主要な実戦部隊であった。05年の中国同盟会成立後も光復会の組織は維持され,辛亥革命の成功直後にまで至った。

こうふくかい【光復会 Viet Nam Quang Phuc Hoi】

ドンズー運動失敗の後,広東に移ったファン・ボイ・チャウらが1912年に設立したベトナムの革命組織。維新会の後身。盟主にクオン・デ(彊)を推戴し,抗仏武力闘争と民主共和制の樹立を標榜した。会は広東に光復軍を組織してベトナム国内への進攻を企図するとともに,辛亥革命後の中国からの資金援助を期待して振華興亜会を設立した。しかし13年から17年までファン・ボイ・チャウが広東軍閥の手で投獄され,このために会の活動は系統だった組織として展開されたというよりも,ベトナム国内や中国各地で光復会や光復軍を名乗る活動家たちによってばらばらに進められる状況を呈した(例えば17年ベトナム北部のタイグエン監獄での蜂起など)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

こうふくかい【光復会】

中国、清末、蔡元培さいげんばい・章炳麟しようへいりんらが1904年結成した革命的秘密結社。中国革命同盟会の成立に加わったが、孫文らとあわず、10年に再組織、同盟会に対抗した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

光復会
こうふくかい

中国、清(しん)末の革命団体。1904年冬、上海(シャンハイ)で正式に成立した。会長は蔡元培(さいげんばい/ツァイユワンペイ)。興中会の広東(カントン)、華興(かこう)会の湖南(こなん/フーナン)に対し、光復会は浙江(せっこう/チョーチヤン)省を地盤としていた。05年3派は大同団結し、孫文(そんぶん/スンウェン)を総理として東京で中国同盟会を結成した。しかし、光復会の一部会員は合同に不賛成で、以後も独立性を維持した。それには、同派の理論的指導者であった章炳麟(しょうへいりん/チャンピンリン)の国粋主義的、復古主義的な個性が多少影響していた。そのため、10年、陶成章が南洋に赴き、東京にいる章炳麟を会長にして、改めて光復会を組織し直した。また同時に光復軍という秘密の軍事組織もつくった。11年の辛亥(しんがい)革命のとき、光復軍は汕頭(スワトウ)、浙江、上海などで活躍した。しかし12年陶成章が暗殺されると、光復会は事実上解体していった。[倉橋正直]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の光復会の言及

【ファン・ボイ・チャウ】より

…09年日本政府は日仏協約によりチャウらを追放し,チャウはタイに亡命した。このころチャウはすでに孫文らの民権思想に共鳴しており,12年の辛亥革命の成功とともに広東に渡って光復会を結成,中国革命同盟会の支援の下に本格的な武力革命を準備したが,14年広東都督の竜斉光に逮捕され入獄した。この時,《獄中書》が記された。…

※「光復会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

光復会の関連キーワード東遊運動維新会ヒンズーファンボイチャウファンクラブドン・ファンファンタ ファンミックスファンタ フルーツパンチドン・ファン(ドン・フワン)ドンズー運動

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

光復会の関連情報