コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤井厚二 ふじいこうじ

3件 の用語解説(藤井厚二の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

藤井厚二
ふじいこうじ

[生]1888.12.8. 広島,福山
[没]1938.7.17. 東京
建築学者,建築家。 1913年東京帝国大学卒業。京都大学に招かれ (1920) ,26年に教授。自邸を実験台にして通風,熱音,設備などの機能面と美的側面の両面から住様式を探求した。自邸「聴竹居」 (27) は,木造平屋の主屋と閑室から成り,洋風生活を基本に和風生活の雅趣を取込んだもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

藤井厚二【ふじいこうじ】

建築学者,建築家。広島県生れ。1913年東大建築学科卒業後,1919年まで竹中工務店勤務。1920年京大建築学科講師,1926年教授。日本の気候風土と室内環境の関係を科学的に分析して和洋建築の機能的な融合を説き,環境工学研究の草分けとなる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤井厚二 ふじい-こうじ

1888-1938 大正-昭和時代前期の建築学者。
明治21年12月8日生まれ。竹中工務店をへて,大正15年京都帝大教授となる。建築環境工学の分野を開拓。気候風土の科学的分析により採光,換気を重視する自邸をかねた実験住宅を建設した。昭和13年7月17日死去。51歳。広島県出身。東京帝大卒。著作に「日本の住宅」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

藤井厚二の関連キーワードウィルヘルムウィルヘルム[1世]ヴァン・ヴォルクンバーグオリファントハラタマファビウス二葉亭四迷メチニコフ水成岩タフォイド

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

藤井厚二の関連情報