コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

建築環境工学 けんちくかんきょうこうがく

3件 の用語解説(建築環境工学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

建築環境工学
けんちくかんきょうこうがく

建築物の一般的な居住性能のうち,光,音,熱,空気など人間に対する最も基本的な条件を満たすために行われる学問。昭和初期に確立された分野で,当初建築計画原論建築衛生学などの名称が用いられたが,1960年代よりこの名称が定着した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

けんちくかんきょうこうがく【建築環境工学】

居住空間が具備するべき諸性能のうちで,暖かさ,寒さ,日当り,明るさ,風通し,空気の清浄さ,静かさなどの物理的性状の問題を取り扱う学問分野。いわば形にあらわれない住みごこちの良さを追求する学問ということができる。家屋のもつこれらの性状について非常に古くから関心がもたれていたことは,兼好法師が〈家のつくりやうは夏をむねとすべし〉と述べていることによってもうかがわれる。現代の建築学にあっては,特別な用途をもつ建物,例えば音楽ホール音響設計,美術館の採光照明計画などの問題が明治年間から研究され始め,しだいに建築物の一般的な居住性能について研究するように拡大されて,昭和の初期には一つの学問分野として確立した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

建築環境工学
けんちくかんきょうこうがく

建築の環境にかかわる工学分野の総称。気候風土のもとにあって、建築物の内部で人間の生活にとって適正な環境を保つために、まず建築物の物理的性状を知る必要があることから、建築伝熱、建築湿気、建築換気、建築音響、建築照明の分野がある。適正な環境を実現する必要から、暖冷房、空気調和給排水の分野を含み、建築設備を経て、制御の技術を用いて実現を図る。人間の生活にとって適正かどうかを評価する必要から、熱、空気、音、光に関する快・不快感を扱う人体生理の分野、開放感・閉鎖感を扱う人間心理の分野を含む。総括して室内の適正環境を評価し、それを実現するための方法を究明する学問分野である。
 建築環境工学は日本独特の比較的新しいことばで、最近は欧米でも使われるようになってきた。明治10年代に、東京大学工学部の前身である工部大学校ですでに音響学、通風および暖房の方法、衛生上の建築の講義が行われており、その後の欧米の科学・技術の吸収を経て、昭和10年代には計画原論という分野が確立し、昭和20年代の後半に建築設備の認識が高まり始め、1965年(昭和40)になって計画原論と建築設備とが合体する形で建築環境工学と総称されるようになった。近年は建物火災に伴っての防煙・避難工学を含み、世界的な環境問題、エネルギー問題の高まりを受けて建築環境工学は建築から都市にまで拡大し、多様な展開を始めている。[中村泰人]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

建築環境工学の関連キーワード恐るべき・畏るべき来るべき具備有るべき恐るべきべき論居住空間おうちでつくるQoo怖るべき娘達ベイズの決定則

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

建築環境工学の関連情報