コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤井武 ふじいたけし

5件 の用語解説(藤井武の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

藤井武
ふじいたけし

[生]1888.1.15. 金沢
[没]1930.7.14. 東京
内村鑑三無教会主義に立つ聖書研究者,伝道者。第一高等学校を経て 1911年東京帝国大学卒業。内務省の役人になったが,15年辞職,内村鑑三の助手となる。聖書研究に取組み,20年月刊誌『旧約と新約』を刊行,かたわら伝道に努めた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

藤井武【ふじいたけし】

内村鑑三門下のキリスト教伝道者。東大法科を卒業して官吏となったが,辞して内村の助手となり,のち独立。《旧約と新約》誌を編集,その終末論的信仰と詩人的風格とは多くの読者をひきつけた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤井武 ふじい-たけし

1888-1930 大正-昭和時代前期の伝道者。
明治21年1月15日生まれ。大正4年内務省官吏を辞して内村鑑三の助手となり,無教会運動を指導する。のち独立して聖書研究会を組織し,月刊誌「旧約と新約」を発刊した。「藤井武全集」がある。昭和5年7月14日死去。43歳。石川県出身。東京帝大卒。旧姓は浅村。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ふじいたけし【藤井武】

1888‐1930(明治21‐昭和5)
無教会主義の伝道者。内村鑑三の弟子。金沢市に生まれ,東京帝国大学法科大学卒業後内務省官吏となって,京都府,山形県に勤務したが,1915年退官して内村の助手となった。5年後独立して伝道者となり,月刊誌《旧約と新約》を刊行した。文才があってミルトンの《失楽園》を訳し,またみずからこれに模して長詩《羔(こひつじ)の婚姻》を書いた。晩年には神学研究の必要を感じて教義史研究を行った。その文才と情熱が多くの人をひきつけ,《藤井武全集》は31年以後3度刊行された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

藤井武
ふじいたけし
(1888―1930)

無教会主義キリスト教の伝道者。内村鑑三(かんぞう)門下の一人。東京帝国大学法科を卒業後、官吏生活を経て、1915年(大正4)内村の助手となり、20年、聖書研究会を組織して独立伝道に投じる。清純な人柄と熱烈な福音(ふくいん)信仰によって、無教会運動第二世代の指導的人物として多くの感化を及ぼした。その長編詩「羔(こひつじ)の婚姻」は有名。個人月刊誌『旧約と新約』を主宰した。著作集には『藤井武全集』12巻(1931)、『藤井武選集』10巻(1959)がある。[金井新二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

藤井武の関連キーワード検察官(司法)山田哲人秋山 登ウィルヘルムウィルヘルム[1世]ヴァン・ヴォルクンバーグオリファントハラタマファビウス二葉亭四迷

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

藤井武の関連情報