コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤樹書院 トウジュショイン

デジタル大辞泉の解説

とうじゅ‐しょいん〔‐シヨヰン〕【藤樹書院】

滋賀県高島市にあった中江藤樹の学塾。明治13年(1880)に焼失したが、のち再興。江西書院

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

藤樹書院【とうじゅしょいん】

日本陽明学の祖,中江藤樹が郷里の近江小川村(現・滋賀県高島市安曇川町)に開いた私塾で,国の史跡に指定。自宅が手狭になり,藤樹が急逝する半年前の1648年春に,弟子や村人たちの手によって完成。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

とうじゅしょいん【藤樹書院】

滋賀県高島市安曇川あどがわ町にある中江藤樹の旧宅。藤樹の死後、門弟・村民らが藤樹をまつって祠堂としたもの。1880年(明治13)焼失後、再興。江西書院。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone