コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤田亮策 ふじたりょうさく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

藤田亮策
ふじたりょうさく

[生]1892.8.25. 新潟
[没]1960.12.12. 東京
日本文化史,考古学者。 1918年東京帝国大学史学科を卒業し,京城帝国大学,東京芸術大学の教授を経て,1959年奈良国立文化財研究所所長となる。朝鮮において雄基松坪洞貝塚,大邱大鳳町支石墓などの調査を行ない,また文化財の保存事業にも従事した。第2次世界大戦後の 1948年日本考古学協会の初代委員長として学会活動に従事し,硬玉出土遺跡,平城宮址の調査を行なった。主著『朝鮮考古学研究』 (1948) ,『朝鮮学論考』 (1958) などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤田亮策 ふじた-りょうさく

1892-1960 大正-昭和時代の考古学者,朝鮮史学者。
明治25年8月25日生まれ。朝鮮総督府修史官,同博物館長をへて,昭和7年京城帝大教授。戦後は東京芸大教授,奈良国立文化財研究所長となる。日本考古学協会初代委員長。昭和35年12月12日死去。68歳。新潟県出身。東京帝大卒。著作に「朝鮮考古学研究」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ふじたりょうさく【藤田亮策】

1892‐1960(明治25‐昭和35)
考古学者。新潟県古志郡上北谷村(現,見附市)に生まれる。1915年東京帝国大学医科大学に入学,強度の近視のため同年10月文科大学史学科に転じた。卒業後,文部省維新史料編纂事務局,宮内省諸陵部考証課を経て,22年朝鮮総督府に移り,古蹟調査の任にあたる。23年には総督府博物館主任となり,26年京城帝国大学助教授となった後もこの任にあって,朝鮮の古蹟調査,保存の体系を確立した。第2次世界大戦の終結とともに帰国し,49年東京美術学校教授に任ぜられたほか,東北大学金沢大学慶応義塾大学などで考古学を講じ,多くの後進を育てた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

藤田亮策の関連キーワード東京芸術大学昭和時代大正