京城帝国大学(読み)けいじょうていこくだいがく

世界大百科事典 第2版の解説

けいじょうていこくだいがく【京城帝国大学】

植民地時代の朝鮮に1924年に設置された帝国大学。第2次朝鮮教育令下の学校制度整備の一環として,24年大学予科,26年法文医学部が開設され,41年には理工学部も増設された。文部大臣の職務を朝鮮総督が代行し,内鮮共学制をとりながらも教職員の多数と学生の過半をつねに日本人が占めたこと,朝鮮の歴史,文化,社会の研究と教育を特色としたが,その多くは朝鮮民族に対する同化と差別を原理とするものであったことなど,その創設と拡充は,日本帝国主義の植民地支配・侵略戦争政策と固く結びついていた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

けいじょうていこくだいがく【京城帝国大学】

日本統治時代の朝鮮に設置された帝国大学。1926年(大正15)開設(予科は24年開設)。45年日本の敗戦により閉鎖。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

けいじょう‐ていこくだいがく ケイジャウ‥【京城帝国大学】

日本の植民地時代、朝鮮の京城(現在の大韓民国ソウル)に設置されていた旧帝国大学。大正一三年(一九二四)予科が開設され、同一五年には法文・医の二学部が、昭和一三年(一九三八)には理工学部が設けられた。同二〇年敗戦により廃止。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

京城帝国大学の関連情報